ジージのつぶやき


2018年05月24日

今年も傑作ぞろい 第一生命サラ川


スポーツジム 車で行って チャリをこぐ


今年の第一生命サラリーマン川柳第一位の作品です。

GGも頻繁に、市の体育館に通って、器具を使った筋トレ、チャリ漕ぎ、ウォーキングやジョギングに取り組んでいます。
もちろん、体育館への往復は車です。

体育館へは歩いて行く距離ではないし、しようがないと思っているけど。
体育館に行かなくても、近場の河川敷や一般道をウォーキングするのもいいんだけど、
冬場は、雪道を歩くのは危険だし、車の排気ガスを吸いながらの散歩もいただけないので、
体育館通いをしています。

さっぽろ健康スポーツ財団が運営している体育館なので、
ちゃっかり、高齢者割引を利用させてもらっています。

第一生命サラリーマン川柳、今年も傑作揃いです。

第一生命サラリーマン川柳のホームページ

11位から100位までの作品にもすばらしい、共感を覚える作品がたくさんあります。

歴代の作品を読み返してみると、
これがまた、世相を反映して、その時代を思い返すことができます。

その意味で今年の世相を表すキーワードは "AI" といったところでしょうか。

.
posted by GG at 10:57 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月23日

栃ノ心 強い! 旭大星、矢後もがんばれ


ついこないだまで、分厚いサポーターを巻いて十両で戦っていた
栃ノ心が、
幕内に復帰した途端、
強さを見せています

本来持っていた地力を存分に発揮して、
あれよあれよと、
10戦10勝、
ただ一人の全勝です。

今日の相手は琴奨菊、
明日以降、横綱ともぶつかるわけで、
そのあたりを、乗り切ると、

なんと、大関に昇進!

大体、お相撲さんって、大相撲に昇進する頃が一番強さを見せる時期だと思う、
その先は、順調に上り詰めたり、
逆に、そこで頭打ちになって、ずるずると陥落したり、

さて、栃ノ心は?
横綱まで行っちゃうのかなあ、

それにしても、
あの怪力はすごいよね

北海道出身の旭大星、
あと一番で、勝ち越しまできましたよ、

今日の相手は臥牙丸
でっかいだけに、難敵だね、
逃げ回るだけじゃ詰まらないけど、
スピード感のある相撲を取って、と言い換えれば勝機があるかも。

十両十二枚目の矢後、
やっぱり全勝というわけにはいかなかったけど、
すでに勝ち越しを決めて、どこまで、白星を積み上げられるかが見どころ、

北海道じゅうが応援しているよ!

.
posted by GG at 10:54 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月22日

関西学院大学 関西大学


人名も含めて、固有名詞の呼び方ってむずかしいよね。

関西大学:かんさいだいがく
関西学院大学:かんせいがくいんだいがく

あまり、関係の薄い人や関東人はあまり気にしていなかったのか、

いや、こんなときだから、
丁寧に、リスペクトの気持ちを表現しようとして、

普段は『かんがく』としか言っていなかったのに、しっかり
『関西学院大学』を表現しようとして、顰蹙を買うことになってしまった。

ちなみに、関西大学の略称は
 『かんだい』

『かんがく』は
なぜ、「かんさい」じゃなく「かんせい」なのでしょうか?
Wikipediaに解説が出ています。

????????

posted by GG at 10:53 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月21日

ダルビッシュ 今季初勝利 大谷は4勝目


日本時間の今朝行われたMLB

ダルビッシュは立ち上がり、やや不安定だったものの、
味方の援護があってから、安定した投球を見せ、
6回を投げて2安打7奪三振5四死球1失点(自責1)の好投。
チームは6-1で勝利しました。

四死球が5というのは、多いと思うけど、
これをきっかけに勝ち星が積みあがっていくことでしょう。

大谷もすばらしかった。
メジャー移籍後最長となる7回2/3を1被弾を含む6安打1四球9奪三振2失点(自責2)の快投で
今季4勝目(1敗)を挙げました。
投球数も今季最多の110球になりました。

がんばれ、ダルビッシュ
がんばれ、大谷

posted by GG at 10:36 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月18日

大相撲2018五月場所 北海道出身力士好調


初めての幕内入りを果たした「旭大星
なんとか、入幕したけど、白星を重ねるのは難しいだろうなと思っていました。

いや、応援はしていているんですよ、
だけど、
引いたり、足技を使う奇策に頼ったりせずに、前に前に突進してほしいんですよ。

取り口はあまり変わっていないけど、
なんと、ここまで4勝1敗

貯金を取り崩さないようにがんばってほしいね。

もう一人の注目は、
十両12枚目の「矢後

先場所はあまりぱっとしなかったから、十両ぎりぎりのところまで番付を下げてしまったけど、

なんと、
 5戦5勝

十両の全勝は、今のところ、3人しかいません。

この調子で、勝ち星を重ねてほしいね。
そして、早い機会に入幕を果たしましょう。

がんばれ!

.
posted by GG at 11:04 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月17日

ACL2018 鹿島アントラーズベスト8


ACL(AFCチャンピオンズリーグ)2018のラウンド16が終了し、ベスト8が出揃いました。

日本勢でラウンド16に進んだのは鹿島アントラーズだけというさびしい状態でしたが、
その分、アントラーズには余計にがんばってほしいよね。

アントラーズはホームで3-1で勝っている貯金が大きく効いて、
アウェイでは1-2で負けたけど、合計4-3でラウンド16を突破し、
ラウンド8に勝ち上がりました。

ラウンド8に勝ち上がった東地区の4チームは

 全北現代(韓国)
 水原三星(韓国)
 鹿島アントラーズ
 天津権健(中国)

アントラーズは過去5度、決勝トーナメント進出を果たしていますが、いずれも初戦で敗れていました。
今回がクラブ史上初の”鬼門突破”です。

ラウンド8の試合は、ワールドカップ終了後の8月27日から始まります。
(組み合わせ抽選は5月23日)

東地区で優勝し、
西地区代表にも勝って、アジア代表としてクラブワールカップに出場してほしいね。

がんばれ、鹿島アントラーズ 

posted by GG at 10:35 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月14日

小樽でひと月遅れの啄木忌


毎年、この時期に開催される「小樽啄木忌の集い」に行ってきました。

啄木忌は本来4月13日ですが、小樽のこの時期は、何をするにもまだ寒いため、
あえて、1ヵ月遅れで啄木を偲ぶことにしています。

例年、ちょうど桜が満開で、春爛漫、いい季節です。
昨日は、あいにくの雨で、今年は桜もほとんど終わっていました。

記念講演を聞いた後、
今年は天満宮境内の歌碑前で、恒例の詩吟を参加者みんなで吟じました。

天満宮の歌碑には

 かなしきは小樽の町よ
 歌ふことなき人人の
 声の荒さよ

の歌が刻まれています。

この会に参加するもう一つの楽しみは、
三角市場や南樽市塲に寄って、小樽の海産物を買って帰ることです。

特別、珍しいものがあるわけでもなく、安いわけでもないのですが、
小樽から買ってきたとなると、おいしく感じます。

ウニ、特大ホッケの開き、味付きカズノコ、

うん、やっぱりおいしかった。
啄木さん、ダシにして、ごめんね。

.
posted by GG at 11:56 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月13日

AbemaTVがおもしろい


あべまTV AbemaTVに時々つないでいます。
大相撲が始まると、AbemaTVを開きっぱなしです。
モニターの端に表示しておきます。

今午前10時、
大相撲は、この時間、もう始まっています。
お客さん席はチラホラ、

今の取り組みは序二段、
NHKのBSもさすがにこの時間は放送していません。

幕内になっても、著名な解説者はいませんし、CMもうるさいけど、
なかなかおもしろいテレビ局です。

一度、お試しあれ。

.
posted by GG at 10:13 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月11日

稀勢の里夏場所休場 高安も


13日の日曜日から始まる大相撲夏場所、
横綱稀勢の里が復活するのか、注目でしたが、ダメでした。
怪我が治りきらないとか、体調が悪いとかあるようだけど、

気力が湧いてこないように見えて、さびしい

このまま引退というわけにはいかないよ、
しっかり稽古して、次に備えましょう

少しがっかりしていたら、
高安もけいこ中の怪我で、少なくとも序盤は休場するという

それでも、
大相撲人気は続いているのでしょう、

北海道から久々の幕内力士

 がんばれ『旭大星』

.
posted by GG at 11:10 | Comment(0) | いいものみつけた
2018年05月08日

ダニエル太郎 ツアー初優勝 錦織は初戦敗退


ダニエル太郎選手がテニスのイスタンブール・オープンで優勝しました。
これまでにテニス・ツアーで優勝したことがある日本人選手は、

 松岡修造、錦織圭、杉田祐一

4人目となる快挙です。

ダニエル太郎が優勝したツアーは優勝ポイントが250の大会で、
今、錦織が参戦しているツアーは1000の大会(1回戦でジョコビッチに負けてしまったけど)
だから、
格が低い大会とはいえ、優勝とはすごいことです。

ポイント250を稼いで、確実にランキングが上がります。

ダニエル太郎選手は、父がアメリカ人、母が日本人で、日本国籍を持っている選手。
女子の大坂ナオミ選手も似たような選手、
日本の旗を背負って活躍する姿、たのもしいよね。

ダニエル太郎選手、
次は500の大会、1000の大会での上位入賞を目指し、
グランドスラムも標的にしてほしいね。

.
posted by GG at 10:27 | Comment(0) | いいものみつけた







Blog検索