ジージのつぶやき


2017年03月27日

相撲史に残る稀勢の里 見えない力が働いた


誰もが、
土俵に上がるだけで十分、
それで横綱の責任を果たせていると認めていたと思うけど、

勝っちゃいました、
それも、本割と決定戦の2連勝

照ノ富士も今場所は、久々に体調もよさそうで、強かった

それを右手1本で、
もちろんきわどい勝負だったけど、作戦もいろいろ考えてのことだったのでしょう。

歴史に残る快挙でした。

すぐに、
貴ノ花を思い出しました。
時の総理大臣小泉純一郎が、
「痛みに耐えてよくがんばった、感動した」と言って、優勝杯を渡したシーンです。

稀勢の里は「見えない力」と表現しているけど、

怪我を負わせ、
そこから這い上がるストーリーをわざわざ作ったのも「見えない力」なのかもしれません。

悲劇の新横綱から
翌日には歴史に残る大横綱

5月場所がたのしみです。

.
posted by GG at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ







Blog検索