アメリカの夏時間サマ−タイムが終りました


2008年11月03日

アメリカの夏時間サマ−タイムが終りました


サマータイムと表現するのは、
実はイギリスなんだそうですよ。

アメリカでは通常、
デイライトセービングタイム(Daylight Saving Time: DST)
と言うのだそうです。

2006年までは、4月の最終日曜日に始まり、10月の最終日曜日に終っていたのですが、

さらに省エネを進めようという趣旨で、2007年からは4月の第一日曜日に始まり、10月の最終日曜日に終るというふうに改められています。

アメリカは西海岸と東海岸では、同じ国内なのに3時間もの時差があり、日本との時差を説明するのがややこしいですね。

GGがとりあえず関係あるのは、Google本社、
Google本社は西海岸カリフォルニア州にあるから、日付が変わるのは、

 DST期間は日本時間の午後4時、
 DST期間が終る11月から3月までは、日本時間の午後5時になります。

切り替わる当日は、一時間長くなったり、一時間短くなったりします。


日本でもサマータイムが実施されたことがあるけど、不評で長続きしませんでしたね。

北海道は夏の期間の日照時間が長いため、日本の中でも一番熱心に取り組んでいるのではないでしょうか。

といっても、足並みがそろっているわけではなく、手探り状態です。

そりゃそうですよ、北海道庁の仕事始めを一時間早くしても、中央官庁では誰も出勤していない、中央官庁が午後5時のとき、北海道庁はすでに退勤していて仕事にならない。

結局、残業手当などの経費がかさんでしまうんですね。
やるんなら、みんなで足並み揃えてやらなきゃ効果が出ません。


アメリカのDST、このサイトがなかなかわかりやすくておもしろい。

http://www.tt.em-net.ne.jp/~taihaku/geography/database/timezone.html

 
posted by GG at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 季節・風物詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Excerpt: ジージのつぶやき
Weblog: http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Tracked: 2016-11-29 07:00







Blog検索