葛西紀明銀メダル W杯最年長記録を更新


2017年03月20日

葛西紀明銀メダル W杯最年長記録を更新


サッカーのカズが50歳で最年長ゴール記録を更新し、
世の中のシニア層を発憤させたけど、

今度は、葛西紀明がW杯男子ジャンプで、
久しぶりに表彰台に立ち、最年長記録を更新しました。

葛西は44歳、
カズに比べれば、まだまだ若いけど
そりゃあ、体の維持には並々ならない努力をしているようです。

W杯 ジャンプ男子、
ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦
(ヒルサイズ225m、K点200m)

葛西紀明は、239.5m、241.5mで2位
表彰台に立ったのは昨年3月以来で、

日本男子ジャンプ陣は、今季極めて不調で表彰台は今季初めて。
葛西を超える若手が育ってこないのは残念です。
今回も伊東大貴は12位

まだまだ、がんばれ!

posted by GG at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック







Blog検索