錦織の生き生きプレイに拍手


2017年06月06日

錦織の生き生きプレイに拍手


テニスの全仏オープン2017
前の韓国選手との試合では、
ラケットをへし折ってイライラをつのらせ、
かろうじて雨の中断に救われた錦織、

4回戦は、F・ベルダスコ(スペイン)が相手、
これまでの対戦でも苦戦を強いられていた相手、

始まってみると、
錦織は出だしでつまづいて、
捨ててしまったような感じで第1セットを落としてしまった。

途中経過によっては、体力温存など、こんな作戦もありかなと思うけど、
この試合でも、ラケットをへし折っちゃうのかなという雰囲気になって、
いや〜〜〜な感じでした。

でも、この日は冷静沈着でした。
2セット目からは完全に切り替えて、
錦織らしいはつらつとしたプレイや態度が見られました。

時にはねばっこく耐え、
ここぞというときには果敢に攻めて、

やっぱり、錦織って強いんだ!
と感じさせてくれました。
これなら、テニスをやっている子供たちにも見て欲しい世界トップクラスのプレイです。

こんなプレイを続けてくれれば、
次のマレー戦でもすばらしい試合を見せてくれるのではないでしょうか。
期待が高まっちゃいます。

.
posted by GG at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック







Blog検索