単なるつぶやき


2017年02月14日

日米首脳会談評価 衆議院予算委員会


安倍首相の訪米、日米首脳会談の総括が、衆議院予算委員会で行われています。

これまでのところ、与党・自民党、公明党の質問時間だから、
おおむね、高い評価をしていますが、

安倍首相が、舞い上がってはいないかと心配もしましたが、そのような気配はないようで、
客観的な受け止めはできているようです。

おおむね、高い評価、
というよりは、事前のさまざまな懸念があったのは杞憂だったことで、ほっとしているのでしょう。

世界が注目している安倍首相の責任は一層重くなったようです。

さあ、これからですね、

野党がどんな評価をするのかが注目です。

予算委員会では、
民進党の前原さんが質問に立っています。
注目です。

.
posted by GG at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2017年01月31日

NHK朝ドラ「べっぴんさん」がおもしろい


NHKの連続テレビ小説をBS3で毎朝見ています。

今は、
7:15から「ごちそうさん」の再放送、
7:30から「べっぴんさん」です。

「べっぴんさん」は子供服「キアリス」の成功物語かと思っていたら、

子育て、反抗期、思春期の難しさにやきもきし、

今度は、昔の片思い男性の意地悪というか、復讐というか、
いや〜なストーリーに発展しています。

店名こそ違え、このドラマは実在の人物をモデルにしているようだけど、
全体としては、あくまでもフィクション、
細かなところまで、ストーリーや登場人物を設定していく脚本家や小説家ってすごいなあと感心します。

この先、どんなふうに展開していくのか、たのしみです。

ハッピーエンドで終わってほしいよね。
4月1日(土)が最終回だから、三分の二が終わったところ、
まだまだ波乱がありそうです。

.
posted by GG at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2017年01月21日

この週末のおたのしみ


この週末も忙しくなりそうだね、
おたのしみがいっぱい!

◆まずは大相撲、
"たすき反り"なんて、聞いたこともない技もいいけど、

やっぱり、優勝争い。

◆全豪オープンテニス
錦織選手、順当に勝ち上がってきました。

この先は、ビッグネームとの戦いです。
それでも、ジョコビッチの名前が消えたから、かなり、気がラク!
行けるぞ! 
ってほど、簡単ではないけれど

◆沙羅ちゃんどうした?
スキー女子ジャンプ、
どこにもスキがないように見えていた高梨選手、
やっぱり、鳥ではなく、人間でした、
何か、集中できない要素でもあるのでしょうか?

でも、伊藤有希が本領発揮!
今日の蔵王第2戦がたのしみです。

◆卓球日本選手権が佳境
ジャンプの伊藤は飛躍だけど、
卓球の伊藤はこけちゃった、
卓球界の底辺の厚さを感じます。

そんな中で、キッチリ優勝するのって、難しいことですね。

◆その他
"その他" にくくってしまっては、申し訳ないけど、
ラグビーもあるし、石川遼君もがんばっているようだし、

あっ、そうそう、
GGもフットサルの試合がある。

安倍首相とトランプさんの演説も、活字でしっかり読んでおきたい。

週末がいそがしい。

.
posted by GG at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2017年01月06日

NHK紅白歌合戦はやっぱりすごい


2016年大晦日のNHK紅白歌合戦、
録画しておいたのをやっと見終えました。

タモリ・マツコのうろちょろ、
ゴジラの上陸、
審査員席がステージの上、

などなど、従来にない演出が見られました、

その前に、
出演者の選定もいろいろ話題になりました。

結果、
視聴率は40%、昨年より上昇したというから、
やっぱり、紅白歌合戦の力はすごいですね。

かつては、視聴率が80%もあったから、それに比べたら、すごい落ち込みだという人もいるようだけど、

そりゃあ、人それぞれ、自分なりの価値観を持つ時代だから、しようがない、
40%という、今のすごい数字を見ることが大事でしょう。

民放の番組で、あれこれと取り上げているのがある意味、不思議ですよね。

歌手が選ばれるとあれこれ言って、
結局、民放がNHKの宣伝活動をしているわけです。
終わると、あの演出がどうだとか、結局、来年の紅白歌合戦を見るように仕向けているようです。

今日は1月6日、
年が明けて、会社も始まったと思ったら、すぐに3連休、
まだ、調子が上がっていないから、ありがたいですね。

北海道の小中学校の冬休みは、まだまだ続きますが、
本州の多くは、
もう今日から3学期が始まるようですね。

来週からは、
普通の生活に戻せるかな?

posted by GG at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2017年01月01日

2017年元旦


あけまして
    おめでとう
       ございます
20170101tori.gif

アメリカの新大統領就任をはじめとして
欧州もなんだか騒がしい年になりそうです。

自国の利益だけを追うのではなく、
世界の平和や秩序があってこそ、
自国の繁栄があるんだって、考えてほしいね。

他国が原因で、バタバタするのはごめんだよ。

.
posted by GG at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月31日

2016年 大晦日


2017年 平成29年が

健康で、

いい年になりますように!

posted by GG at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月27日

『北の国から』2016-2017年末年始再放送


BSフジで、
またまたまた、
『北の国から』を再放送しています。

このドラマ、
初めての放送が1981年10月9日、
毎週金曜日、1時間ドラマとして
1982年3月26日までの半年間、放送されました。
全24話、

1981年と言えば、35年前、
SMAP結成よりも古いんだね、

金曜日の夜、家族みんなで見ていました。

その後も、スペシャルドラマとか、番外編とかが次々に作られて、
放送すると、必ず高視聴率を取る、人気ドラマでした。

ことし2016年年末から2017年年始にかけて、
またまたまた、
BSフジで再放送されています。

今、テレビに映っているんだけど、
いいねえ、富良野の景色、

ときどきは、大人の事情の複雑なストーリーもあったりして、
田中邦衛がブツブツと口をとがらせてしゃべります。

JR富良野駅前の資料館が閉鎖されたけど、
ロケに使われた丸太小屋などは、富良野の自然とともに、残されています。
最近、クマが出たとか話題になりました。

35年、
長男「黒板 純」役の 吉岡秀隆 なんかは、すっかり大人になって活躍しているけど、

北の国からでの演技も、悩める子供役、なかなかのものでした。

いつまで経っても色のあせない名作です。

.
posted by GG at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月26日

ついに Last SMAP


SMAPがついにラスト・ステージ
今夜の「スマップ・スマップ」特番で、最後になるようですね。

期待されていたNHK紅白にも、出場しないことが決まって、
期待していたファンをがっかりさせたけど、

まあ、それはそれで、
中途半端な立場で出るよりも、いいのかもしれない。

札幌ドームにも、年に一度ぐらい来てコンサートを開き、
老若男女、世代を問わないファンが押しかけていましたが、
毎年、楽しみにしていたファンはがっかりしていることでしょう。

GG自身は、芸能界にはトンと疎くて、あまり興味もないんだけど、
少なからず、日本の社会に影響を与えたSMAPの最期を
今夜は、キッチリ見届けておこうかな、と思っています。

ついつい、世界に一つだけの花・・・鼻歌が出てきますね。

.
posted by GG at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月23日

年賀状 できました!


25日までにポストに入れると、元日には届くというから、
やっと昨日から準備して、文面が出来上がりました。

GGの年賀状は、
短歌を1首作ります。歌の中に干支を織り込みます。
来年は「とり」だから「とりのとし」という字を埋め込みました。

筆書きし、スキャナーで取り込んで、
はがきに挿入します。

イラストを入れて、出来上がり。

気になる人へは、手書きで言葉を添えます。

あて名は「筆まめ」で一挙に印刷です。
GGは筆まめファンです。
最新バージョン27.が入っています。

今年は喪中はがきが15枚ほども来ちゃいました。

GGの年代なら、親はやむを得ないとして、
奥さんの名前で届く当人の喪、やっぱりいやですね。
その人とのかかわりをあれこれ思い出します。

こうして、だんだん枚数が減っていくんだけど、
それでもまだ150枚ぐらいは出します。

思い切って削っちゃえと思うこともあるんだけど、
やっぱり、出してしまいます。
そして、相手からも届くと、ホッとします。

明日には投函できるかな。

.
posted by GG at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月22日

映画「海賊とよばれた男」を観てきました


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海賊とよばれた男(上) [ 百田尚樹 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)



百田尚樹著「海賊とよばれた男」は、
2012年に刊行され、
2013年に第10回本屋大賞を受賞した歴史小説

モデルは出光興産の創業者「出光佐三」さん、

「海賊」と呼ばれるからには、相当悪いことをやってきたと思われるんだけど、
実は、同業者とは一味違うことをやって、
同業者間から一目置かれていたのが実情。

本を読んで、
感激しました。

だから、
映画化されたと聞いて、
昨日、映画館に足を運んでみました。

映画館に行くのは、「タイタニック」以来だから、少なくとも、10年以上ぶりのことです。

さすがに、
大スクリーンと大音響の映画は迫力がありますね。

タンカーの進水式、爆撃、
特に、タンカーと英国艦船がすれ違う場面などは、大迫力でした。

ただ、石油業特有の言葉がサラッと何度も出てきたり、
時代が行ったり来たりで、やや理解しにくい面があったかなと思いました。

まあ、細かいところは気にしないで、
この迫力をたのしめばいいのかな。

ざっと、200席ほどの映画館でしたが、平日の午後というのに、
100人ぐらいは入っていました。

老若男女、特に若い女性が多いのはなぜ?
あっ、そうか!
主役の岡田准一はV6だ!

岡田准一って、俳優だとばかり思っていたら、
むしろ、ジャニーズ事務所所属の人気グループメンバーなんですよね。

当然ながら、
本と映画では内容が異なっている個所もあり、

GGはむしろ、
本のほうが感動的な場面が多かったかなと思いました。

文庫本も出て、買いやすくなりました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海賊とよばれた男(上) [ 百田尚樹 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)



昭和シェルとの合併問題も気になります。
.
posted by GG at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年12月07日

アサギマダラが「にっぽん縦断・こころ旅」に


NHK・BS3(プレミアム)で、毎日・毎晩放送されている、
「にっぽん縦断こころ旅」を見るともなしに見ています。

火野正平さんの飾らないパーソナリティ、
景色、
そして、視聴者からの手紙、

今朝は鹿児島県種子島、西之表市から出発です。

自転車で移動中、アサギマダラと出会いました。
20161207asagimadara.jpg

きれいな蝶です。
この写真、つい先日、愛媛県松山市に住む友人が近所で見つけたと、送ってくれた写真です。

タイミングよく、テレビに出てきたから、びっくりしました。

一応、日本全土から東アジアにかけて生息しているそうですが、
札幌に生息しているかどうかはわかりません。
寒くなった今は、いないでしょうが。
函館では、捕獲されたことがあるようです。

このチョウ、
日本国内の移動はおろか、
遠く、台湾や中国本土まで飛んでいくのだそうで、
個体に印をつけて放ち、移動の範囲や生態を調査しているそうです。

ちょっと風が吹けば、風には逆らえそうもないヒラヒラの蝶が、どんなふうに台湾まで飛んでいくのか不思議です。
途中で、カラスやかもめに食べられちゃう蝶もいるでしょうし。

今夜19:00「とうちゃこ版」で、再度、登場するかもしれません。

posted by GG at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年11月19日

紀夫クン、よくぞ帰った! NHKべっぴんさん


NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』

このところの高視聴率に比べて、
少し、低調かなと思われます。
どうしてかな?

暗くて、静かすぎるのが原因かな?

どうも、
笑ったり、感動したりするシーンが少なくて、

特に今週は、旦那さんが戦争から帰ってこないイライラが募り、
ひょっとして、待つことを諦めるのかと思わせたりしていたら、

手紙が届き、
ホントに帰ってきてしまいました。

嘘ではないと、頬をつねったり、

よかったね、
すみれさん、さくらちゃん

さて、まだ、ドラマは始まったばかりだから、
来年の3月末まで、
どんなドラマが待っているのか、

紀夫クンが帰ってきて、
すみれの顔も明るくなり、
いよいよ物語は新しい展開になるのでしょう。

視聴率も上がるといいね。

posted by GG at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年10月29日

WOWOW10日間無料放送


昨日からWOWOWの無料放送が始まっています。
いつもは、毎月、第一日曜日が無料放送日なんだけど、
今回は、11月のそれをはさんで10日間、

我が家はWOWOWに加入していないから、なんだか得した気分になるんだけど、

ヨーロッパサッカーなどは、
やっぱりWOWOWがいいね、

とは言っても、

テレビって、
つけておいて、他の作業をする「ながら」観がほとんどだから、

無料放送で気に入って、有料に切り替えようという気持にはならないんだよね、

10日間も無料で観ると、
たぶん、飽きてくると思う。

たまにある「無料」解放のときに、
得した気分で観るくらいがいいのかもね。

.
posted by GG at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年09月26日

9月最終週


月曜日、
新しい週が始まりました。

ホントは日曜日から新しい週らしいけど、
サラリーマンの習性としては、
やっぱり月曜日が週の始まり。

9月は、祭日が多かったり、墓参りに出かけたり、
今年は自然災害も多かったりして、
何となく、バタバタした感じでした。

早いねえ、
2016年になって、もう半年ですよ、

10月は秋が深まる季節、
衣替え、もっとも、北海道では9月中旬から衣替えをするけど、
今日は、久しぶりの夏日になりそうだとか、
中途半端な時期は困りますね。

会社では、
上半期が終り、残り少ない上半期に最後の追い込みをかけなければならない社員もいることでしょう。

プロ野球がレギュラーシーズンの大詰めを迎え、
サッカーは、もうひと踏ん張りの時期、

大相撲秋場所が終わって、

次の注目は、
臨時国会

民進党新代表と安倍首相との党首激論がタノシミですね。
蓮舫さん、張り切り過ぎなきゃいいけどね。

.
posted by GG at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年09月21日

常子のお母さん死んじゃった NHKとと姉ちゃん


NHKの連続テレビ小説
『とと姉ちゃん』
3姉妹のお母さんが、とうとう亡くなりました。

気がついたら、
もう、エンディングの準備なんですね、

10月1日、土曜日が最終回です。

あと、10日ほどの放送、

常子の夢が次々に実現し、
雑誌も順調に売り上げを伸ばして、

さて、
最後に何かひと山、あるのかな?

NHKの連続テレビ小説では、
必ず、話題になる脇役が現れるのですが、
今回は、やっぱり、唐沢寿明が演じる、花山編集長でしょうかね

常子の恋の相手、星野たちは元気にしているのかな?
エンディングまでに、もう一度、登場してくれるかな?

10月3日(月)から始まる新ドラマもたのしみだけど、
最終回までは、とと姉ちゃんをじっくり見届けることにします。

NHKのBSプレミアムでは、毎朝7:15から連続テレビ小説の再放送を行っています。
今は「てるてる家族」で、
これも10月からは新番組に変わります。

『ごちそうさん』

杏、東出昌大が出演、

たしか、全部見たはずだけど、
案外、内容は忘れちゃった

.
posted by GG at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年09月16日

敬老の日 紅白まんじゅうもらったよ


今日、突然、
町内会の班長さん夫婦が訪ねてきました。

何事かと思ったら、
敬老の日のお祝い品を届けに来たというのです。

あれ?、我が家にそんな人いたっけ?

何歳以上ですか?
  と聞いたら、
75歳以上です。
  との答え。

あっ、そうか、自分のことか!

びっくりしちゃうよね、
紅白まんじゅうをもらう歳になった、なんて

断る理由もないからもらったし、
高級菓子店のまんじゅうだから、
食べるのもたのしみなんだけど、

後期高齢者のレッテルが貼られたのを、町内にバラされたような気分で、
少し複雑な気分です。

日本全国でこんなことが行われる敬老の日、
うれしいやら、はずかしいやら・・・・・

posted by GG at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年09月06日

メガネ屋に行ってきました


車の免許更新時期が近づいてきて、
先日、高齢者の事前講習を受けてきました。

幸い、
知能とか、運転技能とかには問題が無かったんだけど、

視力が落ちていて、裸眼じゃ免許更新はムリだろうと言われてしまいました。

いつも、新聞はメガネ無しだし、
日常不自由を感ずることも無いんだけど、

メガネ屋に行って調べてもらいました。

メガネ屋は目の疾患を調べたりすることは、してはいけないことだから、
もっぱら、視力検査と、
合う矯正レンズ探しです。

これでどうですか?
と渡されたメガネをかけると、

たしかに、裸眼とは全然違って、周囲がくっきり見えます。

車の運転は、これで大丈夫なんだけど、

パソコンに向かったりするときの、近い距離には向かないようで、
それもレンズ合わせをしてもらって、

結局、2本を使い分けることにしました。
お金をかければ、ブランド物のフレームや、機能性の高いレンズもあるようだけど、

これで十分。
出来上がるのがたのしみです。

出来上がったら、
免許更新に行ってきます。

.
posted by GG at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年08月22日

五輪ロス症候群


終っちゃいました、
リデジャネイロ・オリンピック

北京も、ロンドンもすばらしいオリンピックだったけど、

もうほとんど憶えちゃいない、

特にリオ五輪は、
東京2020につながる大会だから、

よけいに注目しちゃった感がある

東京新知事も、
堂々として、カッコよかった

選手たちの
活躍、失意も印象に残るけれど、

終っちゃって、

気が付いたら、
高校野球も終わっちゃった。

五輪ロス症候群
高校野球ロス症候群

さて、日常の生活パターンって、
どんなんだったっけ?

まあ、
選手と同じように、しばらくはのんびり休んでいるうちに、
もとの生活パターンを思い出すことでしょう。

北海道では、
夏休みも終わって、
子どもたちは、とっくに日常に戻っている

ここ1週間ほど、
次々に襲いかかってくる、雨・台風
無事に通り過ぎてほしいなあ。

.
posted by GG at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年06月20日

パソコン内部清掃のすすめ


このごろ、パソコンの通風ファンが回りっぱなしです。
パソコンの動きも悪くなってきたような気がします。
テレビのボリュームを上げたのも、耳のせいじゃなくて、この音が邪魔だったのかと気付きました。

外側の通風口の埃はときどき掃除しているのに、どうしてかなあと思っていたら、

とうとう、

冷却性能が落ちています!
というメッセージが出ました。

仕方なく、パソコン開いてみると、

20160620pc.jpg

なるほど、パソコン外部につながっていない通風口があるんですね。
そこに、びっしり、埃がつまっていました。

ついでに、周辺の埃を吸い取り、
部屋の中も掃除機をかけ、
注意深くつなぎ直して、

スイッチを入れてみると、
快適! 快適!

ファンの音がうるさくないどころか、
パソコンの動きもグーンとよくなりました。

そうか、そうだったのか、
早く掃除しとけばよかった!

.
posted by GG at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年05月24日

サラリーマン川柳 2016


第一生命が実施している
サラリーマン川柳

今年も、投票の集計が終わって、
ベスト10が発表されました。

審査員のやくみつるさんが言っているように、
昨年は色々な出来事が多くて、テーマ選びに苦労せず、バラエティに富んだ作品が寄せられたようです。

1位に選ばれたのは
 
 退職金 もらった瞬間 妻ドローン

熟年離婚や去年問題になったドローンをテーマにして、素直に表現したいい作品だとは思うけど、
悲哀がこもって、どうも好きじゃありませんね、

川柳って、そのあたりが狙いなのでしょう、

サラ川のホームページで、ついつい
100位までの作品を見てしまいました。

来年には30周年になるそうで、
年末の、今年の漢字一字や流行語と同じように、すっかり定着したようです。

第一生命のホームページでは、
やくみつるさんと川柳作家のやすみりえさんの作句教室もあり、
歴代の作品紹介などもあって、
ついつい、時間を過ごしてしまいました。

第一生命サラ川のホームページ

.
posted by GG at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年05月01日

第一日曜日はスカパーが無料


さあ、5月です。
ゴールデンウィークまっただ中、
こよみ通りなら、明日出勤すれば、また3連休、

札幌の天気は、
昨日まで寒かったのに、
今日は日差しが照っています。
でも、気温は低そうです。

毎月、第一日曜日は、スカパーが
無料開放って
ご存知でしたか?

そんなルールを知らなかったんですが、知人に教えてもらったら、
たしかに、そのとおり、
今日、5月1日(日)も無料開放です。

放映契約の関係なのか、無料にできない番組もあるようですが、
Jリーグなどの録画放送は、ほとんどの試合を観ることができます。

まあ、それでも、
こんなふうに得した気分で見るぐらいでいいかな、と思っています。
やっぱり、お金を出して、契約するほどじゃないかな?

見たい番組は、NHK地上波、BS、民放地上波・BSで大体見せてくれる、

今のたのしみは、岡崎のレスター
明日の夜のNHK
レスターの優勝に岡崎がどう貢献するのか、めっちゃ、たのしみです。

さあ、5月
本格的な春です。

 .
posted by GG at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年04月28日

市松模様のトリビア


野老(ところ)朝雄さんが制作した
2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが
いろいろと話題になっています。

正方形と2種類の四角形を組み合わせた「組市松模様」を分解し、
オリンピック版から移動するだけでパラリンピック版が出来るそうです。

同じ数の四角形で、回転することなく、水平・垂直方向に移動するだけで、
どちらのエンブレムも出来上がるそうです。

おもしろそうだから、暇が出来たら、四角形を作ってやってみようかと思います。

野老さんの真骨頂、面目躍如
もっとミステリアスな秘密が隠されているかもしれません。

ところで、このチェック柄のことを「市松模様」となぜ呼ぶのでしょう。

答えは、

江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松が
白と紺の正方形を交互に配した袴を履いたことから人気を博し、
着物の柄として流行したのが始まりだとされています。

この柄は、昔から存在していた柄で、
それ以前は「石畳模様」などと呼ばれていたそうです。

外国でもこのデザインはよく使われていて、
チェック、チェッカーなどと呼ばれます。

チェス盤や自動車レースのチェッカーフラッグはこの柄です。

今後数年から、あるいは数十年、
日本ではこの柄が大ブーム、
あらゆるシーンでこの柄が使われることでしょう。

今年の流行語ベストテン入りも確実でしょうね。

   ■ ■ ■
posted by GG at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年04月11日

NHKの連続テレビ小説「てるてる家族」


新しい年度になって、
テレビ番組も少し様変わりしました。

古舘さんのニュースステーションのMCが交代し、
NHKの朝ドラも『あさが来た』から『とと姉ちゃん』に変わりました。
とと姉ちゃんは、今日から2週目、まだまだこれからという感じ。

もうひとつ、
BSプレミアムで7:15から再放送されていた『どんど晴れ』も終っちゃいました。
どんど晴れは一度観ていたんだけど、再放送を観ると、かなり覚えちゃいませんでした。
けっこう、感動的なドラマでした。

後を引き継ぐのが、『てるてる家族』
2003年に放送された連続テレビ小説、
そのころはまだ現役サラリーマンだったから、まったく観ていないし、
あまり評判にもなっていないドラマだと思う。
1週目から、波乱の展開になるようだから、たのしみです。

NHKの朝ドラは、このところ、女性が活躍する、女性に焦点を当てたものが多いようだ。
ひょっとして、安倍首相の『女性活躍』を意識しているのかと思ってしまうんだけど、

そうじゃなくて、

『おしん』もそうだし、
ほとんどが女性に焦点を当てた物語ばかりのようです。

『てるてる家族』も『とと姉ちゃん』もたのしみです。

.
posted by GG at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2016年02月29日

2016年2月29日 4年ごととは限らないうるう年


今日は2016年2月29日、
西暦2016は4で割り切れるから4年に一度のうるう年、
オリンピックイヤーであり、
米国大統領選挙の年でもある。

4年に一度、うるう年になるのは常識なんだけど、
西暦2100年はうるう年にではなく、平年であることをご存知でしょうか?

残念ながら、今の時代に生きている人で経験できる人は少ないのですが、
「4で割り切れる年でも、100で割り切れる年は平年」という決まりがあります。

グレゴリオ暦では、次の規則を決めていて、現在、世界各国でこれが使われています。

西暦年が4で割り切れる年は閏年
ただし、西暦年が100で割り切れる年は平年
ただし、西暦年が400で割り切れる年は閏年

3番目の規則によって、西暦2000年は400年に一度の珍しいうるう年でした。フツーにうるう年でしたから、こんな決まりがあることを知る必要もなかったのですが。

2月29日生まれの人は4年に1歳しか年を取らないと、冗談で言われますが、
もちろん、そんなことはありません。

年齢は、誕生日の前日の夜12:00(24:00)に加算されるという法律がありますが、
2月29日生まれの人はどの時点で年齢が加算されるのでしょうか?
たぶん、明確な決まりがあると思うけど。

さて、明日からは3月、
春が近づいています。

今日の札幌は、朝から猛吹雪、
今は止んでいるのですが、今夜からまた大荒れだとか、

この時期にはよくあるのですが、
気温が高めだから、湿ったドカ雪が降り、
雨に変わって、道路はズブズブ、
あちこちの路地で、車が身動きできなくなっています。

この嵐が過ぎると、気温が急上昇するようです。
春ですよ!

  .
posted by GG at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年12月31日

2015年大晦日


2016年12月31日 大晦日です

札幌は朝から穏やかな天気で、
昨夜は雪も降らず、雪かきもせず、のんびりしています。

テレビは朝からこの1年の回顧番組が多いですね。

自分はこの1年の目標を特に決めてはいなかったけど、世の中は事件や事故が多く、
あまりいい年とは言えませんでしたね。
特に世界情勢が落ち着かない。

そんな中で、年末に日韓関係好転の兆しがあったのはうれしいですね。

来年2016年は4で割り切れる年、オリンピックイヤーです。
日本選手を応援し、五輪に没頭できるような年だといいですね。

どうか、良い年になって下さい!

  
posted by GG at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年12月22日

喫煙者が増えてない?


昨日パチンコ屋に行きました。
月曜日です。
高齢のおじいちゃん、おばあちゃんが多いように感じました。
そりゃあ、そうでしょう、
平日の真昼間、若い人は働いている時間です。
高齢者はこの時間帯が来やすいのでしょう。

近ごろは1円パチンコなんかがあって、
ギャンブル性はだいぶ薄れています。
逆に、なかなか稼げないけど。
でもまあ、少ないお金で長時間楽しめるのは年寄りにはありがたいことです。

困ったことに、
煙草を吸う人が増えていません?

今どき、禁煙や分煙ができていないのはパチンコ屋ぐらいのものだし、
それを承知でその場所に入っているのだから、嫌煙権を放棄しているわけだけど、
けっこう、右からも左からも、煙が押し寄せてきます。

何年か前に煙草の税金が上がって、煙草の値段が倍増したころ、
かなり喫煙者が減ったと思ったけど、少しずつ、盛り返しているような感じがします。

またまたたばこ税増税の話が出ているけど、さて、どうなることやら?

      
posted by GG at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年10月28日

NHK「あさが来た」快調!


NHKの連続テレビ小説「あさが来た」、
快調ですね、
今朝の新聞を見ると、
また視聴率が上がってる!

あさはいろいろ失敗しながらも順調に成長していき、
お姉さんの眉山はつ(宮アあおい)はこれだけ苦労して、いったいどうなるんだろうと思っていたら、

あさはどうやらこのままのペースのようだけど、
眉山はつのほうは、どん底のように見えて、実は家族の絆が深まりそうな予感、
まあ、それほどすんなりはいかないんだろうし、山あり谷ありがドラマのおもしろいところ、

あさの啖呵がいいし、
宮アあおいのたまにしか見せない笑顔がいいですね

この先、どう展開するのか、
やっぱり、ハッピーがいいなあ!

AKB48の主題歌もいいよね、365日〜〜〜
                
posted by GG at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年09月26日

NHK連続テレビ小説「まれ」の次は「あさが来た」


NHK連続テレビ小説「まれ」、終っちゃいましたね。
第92作だそうです。
第1作は昭和36年(1961年)4月〜1年間の「娘と私」、
始まったころは1年をかけた長編ドラマだったけれど、やがて半年で完結するドラマもあって、
途中「おしん」などの大作は1年を通じたドラマになっています。
「まれ」は半年、じゅうぶん長編ドラマでした。

能登-横浜-能登と舞台を移し、
家族に囲まれながら、夢嫌いを公言していた自分が、実は一番夢を追いかけていたことに気がつく、
最終回に向かって、どんどん、ハッピーエンドになってゆき、ほのぼのとさせてくれました。

主人公の「希:まれ」役の土屋太鳳さん、「花子とアン」に出ていたときは、暗いイメージの役で、
そんな役が似合っているのかなと思っていたら、とんでもなく、明るい役が似合っていました。
いろんな役で売れっ娘になることでしょう。

いつもながら、わき役もよかったですね。

塩作り名人の元治:田中泯、その奥さん文:田中好子
パティシエの池畑大悟:小日向文世

さて、来週からは
「あさが来た」

朝が来たではなくて、「あさ」は主人公の名前で波瑠さんが演じます。
連続テレビ小説で、幕末から明治にかけてを扱うのは初めてのことだそうで、
どんなドラマになるのか、脇役の出演者も豪華で、たのしみですね。

TV
posted by GG at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年09月24日

シルバーウィーク終了 さあ仕事


今年は9月に連休になりました。
日本では9月〜11月にかけて、毎年、必ず連休があるのですが、
今年のように、土曜日休みの会社は黙って5連休、というのも珍しいですね。

春の大型連休はゴールデン・ウィーク、
それに対して秋の連休をシルバー・ウィーク、
シルバー世代にとっては、「敬老の日」をはさんでいて、ふさわしいネーミングだとは思いますが、

実は、GGもそうだけど、シルバー世代は、毎日が休日で、
一年中、ゴールデンウィークのようなもの、

だけど、世の中が何となく騒がしいと、それなりに、血も騒ぐものでして、
つい、そわそわするものです。

GGの今年のシルバーウィークは、
まずは、シニアサッカー北海道大会に遠征、一泊して3試合、
成績はかんばしくなかったけど、良い汗をかいてきました。

それから、苫小牧に墓参り、

けっこう、忙しいシルバーウィークでした。

シルバー世代って、
いつもと違う行動をすると、かなり長い間、尾を引いて、元の体調や生活に戻るのがたいへんなんですよ。

会社勤めの皆さんは、今日からまた仕事、
2日がんばれば、また週末だから、がんばりましょう。

       グッド(上向き矢印)
posted by GG at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年04月16日

父の70年忌



天皇・皇后両陛下のパラオ・ペリリュー島訪問がテレビで報道され、
パラオぐらいは耳にしたことがあるけど、
ペリリュー島、その島を日本が統治し、
そこで、1万人以上もの日本兵が亡くなった、

そんな史実を全く知らず、
なんとなく、バツの悪い思いでした。

GGの父親は、戦争に行って、
大陸から台湾へ船で移動中、撃沈されて、死んじゃいました。
昭和20年4月20日のことです。
今年がちょうど70年、
戦後70年という言葉をよく耳にするから、
このごろ、そのことをよく思い出します。

戦艦大和でもない、
激戦のパラオ諸島でもない、
沖縄戦でもない、
広島や長崎の原爆でもなく、
東京大空襲の犠牲でもない、

歴史にも記されないような、台湾の西方海上で、あっけなく死んでいったわけで、
その証人もいない。

戦死公報とともに届いたのは、骨箱
中には遺骨などありません、
木の札が1枚、入っていただけでした。

そのとき、私は3歳半、
なぜか、よく憶えています。
あるいは、あとで、母の話などを聞いて、造られた記憶なのかもしれません。

一応お葬式を自宅でやるとき、客がおおぜい集まり、ご馳走を食べて、大はしゃぎしたことも憶えています。

父親は、その何年か前に軍に入り、何年も母子世帯状態だったから、
父親がいなくなっても、生活が変わることもなく、ご馳走がうれしかったのでしょう。

もちろん、そのあと、戦後の暮らしは凄絶だったけどね。

一応命日になっている日に、
両陛下を見習って、お墓参りに行ってこようかな。

       .
posted by GG at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2015年01月29日

NHK「マッサン」負うた子に教えられる


NHK連続テレビ小説『マッサン』順調ですね。

大阪篇が終わって、北海道余市篇に入り、
ジュース工場の建設も終わって、
売れないジュースに苦心しているんだけど、

子供のエマが、親に似ない自分に気づき、
学校でもさんざんイジメを受ける、

この時代なら、
まして外国人など見たこともない、北海道余市では、
ドラマ以上にイジメを受けたことでしょう。

とうとう、マッサンとエリーは決心して、エマがこの家族になったいきさつを話してしまいました。

表面上、『わかった』という顔をしているエマ、

エマ役の住田萌乃ちゃん、たいへんな演技力ですね、
表面は理解しているけど、本心は、納得していないという表情、
内面の葛藤が画面から伝わってくるから、子役なのに、役者ってすごいなあと感心してしまいます。

今週の副題は「負うた子に教えられる」
今朝までのところ、子供に教えられたことはなさそうだから、

明日か明後日、今週末までに、
エマが何かを、マッサンやエリーに気づかせてくれるのでしょうね、

こういうのって、つい、泣けてきちゃうんだよね、

そんな成り行きを知った風間杜夫演じる「熊虎」さんがどんな反応を示すのか、
そのあたりもたのしみ、

明日の『マッサン』見逃せませんよ!

    .
posted by GG at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2014年12月01日

どのブラウザがいいの?


いつのころからか、インターネットの閲覧にすごく時間がかかるようになった。
GGが使っているのは、インターネット・エクスプローラ(IE)。

ページの表示に時間がかかるし、
「接続中」の時間が長いし、
「応答待ちです・・・」が長く、
ついには、
「応答していません」

放っておくと、
しばらくしてから、ちゃんとつながる。

どこか、設定を変えたかな?
単に、混み合っているだけなのかな?
プロバイダのせいなのかな?
パソコンのパフォーマンスのせいなのかな?

いろいろ考えるんだけど、
所詮はシロウト、

ヒョイと思い付いて、

先日"Google Chrome"に変えてみました。

うわー、速い!

ウェブ・ブラウザにもいろいろあって、
IEにあって、Chromeにはない(みつけられない)機能もあるから、
多少不便なところもあるけど、
この速さには、感動しちゃいました。

当分、これを使おうと思っています。

むかし、Netsccapeを「ネスケ」とか言って、IEと競い合っていた時代もありましたよね、

いつのまにか、サポートが終了し、

今は、Google Chromeのほかにも、ずいぶん、いろいろなブラウザが公開されているんですね。

どれがいいのか、よくわからないし、
とりあえず、Chromeが快適にサクサク動いているから、これを使います。

インターネットで、ストレスを感じている方、
ブラウザの変更を検討してみてはいかがでしょうか!?

    .
posted by GG at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2014年11月02日

NHK『マッサン』のヌードポスター



NHKの連続テレビ小説『マッサン』が好調のようですね。
『あまちゃん』、『花子とアン』に引き続いての高視聴率、

もちろん、GGも毎朝欠かさず見ています。
このドラマは、いつもの時間に見落としても、他の時間に観ることができるし、
土曜日にまとめて見られるのもいいですね。

来週は、クビになったマッサンが仕事探しに奔走し、リタまでもが働き出して、苦難の連続らしい。

ところで、

鴨居商店のワインのポスターに、ヌード女性が使われ、その撮影シーンが話題になっているそうです。

あのポスター、たしかにいいよね、
あの時代にあのレベルのポスター、
鴨居商店のモデルは、「サントリー」だそうで、そう言われれば、さもありなんとうなずける。

上の記事の「つづきを読む」に、蘊蓄(うんちく)が書かれています。

    .
posted by GG at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2014年09月24日

NHK『花子とアン』終わっちゃいますね


NHK連続テレビ小説『花子とアン』が終わっちゃいますね。
いろんなことがあったけど、
蓮子とはまた「腹心の友」の関係が戻り、
『赤毛のアン』の刊行が決まったり、
すべてハッピーで終わると思うんだけど、

終わるとなるとやっぱりさびしいね。

若いころに読んで感激した『赤毛のアン』をもう一度読み直しているんだけど、
新潮文庫全10巻シリーズ、6巻目まで進んできました。
途中、飽きたなあと思うこともあるんだけど、読み進めると、
急におもしろく展開したりするから、やめられません。

それでも、第一巻の『赤毛のアン』が一番感動するかな?

訳者を強く意識して翻訳ものを読むって、あまり無いことかなと思いながら、
村岡花子を意識しながら読んでいます。



『花子とアン』が終わるのは寂しいけど、
来週からは、『マッサン』が始まります。
ニッカウイスキー、北海道余市(よいち)町と縁の深いドラマ、
たぶん、余市の町はあまり出て来ないだろうけど、
たのしみです。

あっ、そうそう、BS1で7:15〜再放送されていた『カーネーション』も終わっちゃいますね。
こちらはPRもないし、調べてもいないから、次に何があるのか知らないんだけど、
何が放送されるのか、たのしみにしておきましょう。

   .
posted by GG at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2014年06月06日

NHK『花子とアン』がおもしろい


NHKの連続テレビ小説『花子とアン』快調ですね、

いつもBSプレミアムで、
7:15から『カーネーション』
7:30から『花子とアン』を観ています。

今、花子の妹・ももが結婚して北海道へ行くという場面、
北海道に住んでいる我身としては、
これほどまでに、北海道が辺境の地として扱われていることに、いささか抵抗を覚えるんだけど、

時代背景としては、
1910年を過ぎたあたり、明治40年代のことだから、
内地から北海道へ移民がどんどん入ってきていた時代、
極寒の北海道での暮らしは、たしかに並大抵のものではなかったようです。

このドラマの原案となっているのは、村岡花子の孫に当たる村岡恵理さんの『アンのゆりかご 〜村岡花子の生涯』という本、


村岡花子が出会った『赤毛のアン』、
GGは、若いころに読んですごく感動し、少女アンが好きになったのを憶えているんだけど、
もちろん、訳者が誰だったかなんてちっとも気にしていなかったわけで、

『赤毛のアン』、もう一度、読みなおしてみましたよ。


新潮文庫、シリーズ全10冊のうちの1冊目、
ほんとうは男の子がほしかった老兄妹の家に、間違って引き取られたアンが、
想像の翼を拡げるあまり、
さまざまな問題を引き起こし、
腹心の友を作り、
屋根から転げ落ち、・・・

成長していく姿が、実にさわやかなんです。

NHKの『花子とアン』にも似たような場面があるし、読んでいるうちに、アンが「安東はな」とだぶってくるんですよ。

「安東はな」が『「花子」と呼んでくりょう』というあたりも、
「Ann」が「Anne」と本名に "e" を付け足していたのを基にしていたんですね。

ドラマではまだ「はな」は「アン」と出会っていないんだけど、
この先、
村岡と結婚し、
アンと出会って、敵国語の英語翻訳に精を出すいきさつ、
蓮子の生きざま、

などなど、史実とフィクションとが織りなすドラマの成り行きがとてもたのしみです。

     .
posted by GG at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2014年03月31日

神式の葬儀


親戚の人が亡くなったと連絡が入ったので、
お通夜と告別式に行ってきました

葬儀場に行ってみたら、
神式の葬儀でした。

用意していた香典袋には蓮の図柄が入っていて、明らかに仏式のものなんだけど、
いまさらしようが無いよね、
受付に出して、突き返されることはないでしょう、
ちゃんと受け取ってくれました。

神式では、
お通夜は「前夜祭」
告別式は「発送祭」と呼ぶようです。

前夜祭も発送祭も仏式と似たようなものだったけど、
違うのは、線香がないこと、
焼香の代わりに、玉串奉てんを行う、

仏式のお経と同じような、「のりと」が奏上される。

「のりと」は漢字で書くと「祝詞」、
人が亡くなって「祝」は無いだろうと思ったら、
「神」を「祝」う言葉だそうだから、葬儀でも「のりと」というようです。

でもやっぱり抵抗があります。
祭詞(さいし)ぐらいがいいかな。

神前で拝礼するときは、二礼・二拍手・一礼、
拍手は「忍び手」と言って、音を立てません。

仏教のお通夜の儀では僧侶が説教することが多いようですが、
神式ではそれが無いかと思ったら、
近ごろは、神主さんが説教するのが流行だそうです。

葬儀場の設備って、ずいぶんよくなっているんですね。
お風呂にも入れるようになっているなんて、昔の常識では考えられません。

火葬場は西区手稲山口の札幌市民斎場、

かまが30基以上もずらりと並び、
施設も至れり尽くせり、
火葬場にいるって感じはしませんでした。

なんだか、あっけらかんの葬式だったけど、
亡くなった方、お世話になったこの方のことをいろいろ思い出して、
やっぱり、さびしくなりました。
残された家族が元気に過ごせるように、守護神として見守ってほしいなと思いました。

    .
posted by GG at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2013年09月02日

NHK「あまちゃん」、なるほどのストーリー


NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」、
2011年3月11日の東日本大震災当日を迎えてしまいました。

このドラマが始まった時は、
被害に遭った東北、特に岩手県沿岸の人たちを元気づけようと、
この地を選んだのかと思っていたら、

大震災当日を迎えるストーリーだったんですね。

あくまでも、ドラマだから、
実際の被害とは違うのだろうけど、
実際の被害や、それに対する人々の対応などは、一人に一つ以上の物語があったわけで、
あらためて、大震災のことを考えさせられます。

そんな中で、「あまちゃん」はあまちゃんらしく復興協力をするのでしょう。
あと4週、9月28日の最終回にはどんなハッピーエンドが待っているのでしょうか。

続いて、
9月30日から始まるのは「ごちそうさん」
大阪が舞台で、主演は杏さん。
たのしみです。

  
posted by GG at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2013年07月07日

ドラマ三本立て おしん 純情きらり あまちゃん


今日は日曜日、
日曜日のたのしみは、
10:00〜11:30
NHKの『おしん』

今日はダルビッシュが登板しているから、そっちも気になるんだけど、
『おしん』はおもしろいねえ、

月曜日〜土曜日は、BS3で『純情キラリ』と『あまちゃん』

NHKの連続テレビ小説なんて、
若いころはじっくり見ている時間なんてなかったわけで、

『おしん』も『純情きらり』も、これほどの長編で、壮大なドラマとは思っていませんでした。

『あまちゃん』もどんどん面白くなってきます。

ドラマって、ドラマティックなストーリー展開が面白いんだけど、

いいことがあれば、悪いことが起こり、
いやなことがあれば、いいことが起こる、

紆余曲折、
人生万事塞翁が馬、

原作者や脚本家って、発想が豊かだなあと感心します、

いやー、
ドラマって面白いねえ、

   
posted by GG at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2013年03月26日

金婚式まであと4年


【商品券10000円】銀婚式と聞いて思い浮かぶ事は? ←参加中
今日、3月26日はGG夫婦の結婚記念日です。
そんな日に、こんな懸賞記事募集が目についた、何かの縁だと思って、思い出すことを書いてみる。

結婚したのは1967年、だから46年になる。あと4年で金婚式を迎えることになる。

銀婚式は21年前、今から思えば、若かったなあと思う。

勤めていた会社の合併、
合併によって人事や勤務地についての方針が変わって、GGも転勤、
子どもは高校生、大事な時の転校を避けて、GGが単身赴任、

そんな転勤先で、縁あって転職することを決心しました。
子どもたちもそれぞれ独立し、ちょうど結婚25年の銀婚式、

退職して、新しい勤務先へ行く間に、少しアイドル期間を作って、思い切って海外旅行に出かました。

妻ははじめての海外旅行です。
目的地はアメリカ西海岸とハワイ、10日間ほどの、GGにとっては豪華な、念願の米国旅行でした。

成田からサンフランシスコに到着、
入国手続きには、ゴッツい、金髪のひげもじゃの審査官が睨みます。
おそるおそるパスポートと書類を出すと、
 "Second Honeymoon?”と、妻の方を見ながら、ニッコリして言うんです。
 "Oh,yes!" と答えちゃいましたよ。
ああ、アメリカ人って素敵な人たちだ、なんてね、
単純なんですよ。

ゴールデンゲートブリッジ、ロサンゼルスのディズニーランド、
ラスベガスに移って、カジノ、
セスナに乗ってグランドキャニオン見物、
ハワイでのんびり甲羅干し、

そして、戦艦アリゾナが沈む真珠湾では思わず手を合わせました。
GGの父は、ここで始まった太平洋戦争で戦死しているから、感無量でした。

夢のような、たのしい旅行でした。

今、思い出してみると、若かったねえ、
時差ボケで少しぼんやりしながらも、精力的に観光地巡りをするし、
食べ物だって、すごく積極的に現地の食べ物に手を出しましたよ。

あれから21年も経っちゃって、
もうすぐ金婚式ですよ。

結婚したころは、
銀婚式や金婚式、ましてやダイヤモンド婚なんて、すごく先のことだと思っていたけど、
なんとか、金婚式は迎えられるのかなと思います。

実は、昨年秋に病気で1ヶ月ほど入院してしまいましてね、

だから、
恢復して、こうして結婚記念日を迎えられたってことは、実におめでたいことなんですよ、
夫婦そろって、
身体を大事にして、
まずは、金婚式を迎えたいものだと思っています。

今夜は、長男を入れて、3人で乾杯です。
静かに、心からのお祝いが出来るって、幸せですよ。

結婚記念日をお祝いしよう!夫婦の誕生日ブライダルデー

  
posted by GG at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2013年03月19日

ハッピーエンドがいいなあ NHK「純と愛」


NHK連続テレビ小説『純と愛』
始まったころは、なんだかバタバタして、朝から落ち着きのないドラマだなんて言われてもいたようだけど、終りが近づいてくると、なんだか寂しくなりますね。

今は第25週「あいしてる」、
愛の脳腫瘍がみつかって、手術することになった、
手術もすんなりとはいかず、やっと手術をすると、どうやら手術成功とはいかないようですよ、

これまでも、いいことがあったり、悪いことがあったり、
泣いたり笑ったり、浮き沈みが激しかったんだけど、

やっと、夢が実現しそうになり、家族もやっと元の家族に戻って、
最終回に向けて、ハッピーエンドの準備をしているのかなと思っていたのに、

愛の病気と、

さらに、

ホテルが台風でやられてしまうんだって?!

来週が最終の第26週だというのに、どうなっちゃうんでしょう?
やっぱり、ハッピーエンドがいいなあ、

このドラマ、ラブコメディーという触れ込み、
コメディーには時として涙が付き物だけど、朝の連続テレビ小説に悲しい結末は似合わないよね。

BS3で毎週日曜日の朝に放送されている『おしん』観ていますか?
なるほど、おもしろいドラマです。

子どもが奉公に出て、つらい思いをするだけのドラマかと思っていたら、波乱万丈、おしんがおばあちゃんになるまでのサクセスストーリーなんですね。
毎週、一挙6話ずつ放送されるから、ストーリーがどんどん展開されるんだけど、放送が終るのまでに
今年いっぱいかかるんだから、この先も、タノシミです。

  
posted by GG at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2013年01月16日

3つのドラマ「純と愛」「北の国から」「おしん」


毎日、毎週、この3つのドラマを見ています。
生活パターンが、ドラマの放送時間に合わせて設定されているようです。

・「純と愛」
NHK連続テレビ小説、
BS3で、朝7:30から観ます。
喜劇っぽいタッチで、どことなく不思議な感じがするドラマ、
個性の強い役柄がぶつかり合う中で、主人公の純が、ぶれずに夢を追い続けるのがいいですね。
まだまだ波乱がありそうです。

・「北の国から」
2011年暮れから2012年にかけて再放送されましたが、
2013年1月から再々放送中です。
BSフジで月〜金 17:00〜
今日は第8話が放送されました。
手作りの水道が完成し、大晦日を迎える場面です。

・「おしん」
毎週日曜日NHKのBSプレミアム10:30〜
毎週6話ずつ放送されています。
大長編だから、およそ1年かかります。
先週は、おしんが年季奉公に出され、さまざまな辛いことがあって、とうとうぶち切れ、吹雪の中を歩いて来週に続くところです。
30年前の橋田壽賀子ドラマ、
全世界で絶賛されているドラマ、観ていて古い感じがしません。

そのほかにも、
始まったばかりの大河ドラマ「八重の桜」
今のところ、面白いですね。

  
posted by GG at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年08月24日

NHK「梅ちゃん先生」クランクアップ


NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」、視聴率が高位をキープしているようですね。

8月は、ロンドン五輪にテレビの主役を奪われた形だけど、
「梅ちゃん先生」だけは根強いファンが五輪をさておいて観ていたようです。

放送は、9月29日(土)が最終回で、
今日、すべての収録が終ったようです。

最終回は、梅ちゃん先生と信郎の夫婦が庭の木を一緒に眺めるというシーンで終るようだけど、
あと1ヶ月ほどで、梅ちゃん先生の出産が最大事件のようです。

いつも新聞に出ている視聴率を見ると、
ロンドン五輪やサッカーの国際試合よりも視聴率が高いのが不思議だよね、

突拍子もない大事件が起きたり
ドラマチックな大事件が起こったりするわけでもなく、
日常起こりがちな小さな事件を苦労しながら解決する梅ちゃん先生、
どこの家にもありそうな事件だから、他人事とは思えず、つい、惹きこまれてしまうのでしょうか、

高橋克実、南果歩、片岡鶴太郎らの絡み具合も、梅ちゃん先生を曳き立ててくれているようです、

あと1ヶ月ほど、毎朝がたのしみです。

  
posted by GG at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年07月30日

明治の終焉・大正元年から100年


今日は2012年7月30日、
100年前の今日は、1912年7月30日、
明治45年7月30日であり、大正元年7月30日でもあります。

そうです、明治天皇が崩御し、即日、元号が明治から大正に変わった日です。

明治の歌人石川啄木も明治45年4月に亡くなっていて、今年は全国各地で啄木ファンにより、歿後100年の記念行事が盛んに行われています。

啄木は明治時代に生まれ、明治時代に亡くなって、大正時代をまったく知りません。

GGも明治や大正時代には生きていないんだけど、今になって、いろいろ読んだりしてその時代を知ることが出来ます。

明治時代の一つ前は「慶応」、ずい分古い時代って感じがします。

近代日本の夜明けであった明治時代、
その後を受け継いだ「大正」、
さらにその後は、激動の「昭和」

明治と昭和が激動の時代であったのに比べ、
大正時代と聞いて思いつくキーワードは、
 大正ロマン とか 大正デモクラシー
というような、なんとも平和な感じの言葉、
いい時代だったのでしょうね。

そんな感じの大正時代と思っていたら、とんでもない、
 大正3年に第一次世界大戦勃発、
 大正12年、関東大震災
という危機に遭遇している。

GGの父親は大正元年11月生まれ、
生きていれば、誕生日に満100歳だけど、35歳で戦死している。

大正100年と聞いて、
あれこれと、
他愛もないことを考えた一日でした。

  
posted by GG at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年07月05日

梅ちゃん先生 ギラン・バレー症候群


NHKの連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、視聴率が高いようですね、
始まったころの視聴率が高いのはフツーだけど、段々落ちるかと思ったら、
ほぼ中間地点だけど、着実に高い率を維持しているようです。

極端にドラマチックなストーリーでもなく、ハラハラするような物語でもないのに、
高い視聴率を保つのはなぜなのでしょうか。

今日の放送では、入院中の少女が「ギラン・バレー症候群」であると、本人に告げました。
筋肉に力が入らなくなって、時には心臓や呼吸機能までをも冒すという難病、
その難病を、いともあっさりと、本人に告げるというのは、実際の病院ではどうなのかな? と思ったんだけど、
ドラマのことだから、そんなふうにした理由があるのでしょう。

一見頼りなさそうな、当人も周囲もそんな風に見ている梅ちゃんが、
医者になり、街医者の人間性に惹かれて、自らも開業医を目指す、
きっと、夢が叶えられるのだと思うけど、

ドラマは、今がほぼ中間点、あと3カ月の間、いろいろな展開があるのでしょうね。

梅子の父、下村建造役の高橋克実さん、
今の時代には少なくなった亭主関白、一家の主、今どき、こんな父親いないよね、
それを上手に操る奥さん役の南果歩、

時代の移り変わりをうまく表現していて、観る人の郷愁を誘うのでしょうか、
ついつい懐かしく、ドラマに浸かってしまいます。
SMAPの主題歌も、もうすっかりおなじみになってしまいました。

  
posted by GG at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 単なるつぶやき
2012年05月10日

腰痛 股関節痛 膝痛


先日、野幌の北海道開拓の村に行って、
かなりの距離を歩いたら、それ以来、
 腰痛、股関節痛、膝痛がひどくなりました。

以前なら、これぐらい歩いても平気だったし、多少、異常があっても数日の間に元に戻るんだけど、
このところ、回復にすごく時間がかかるようになりました。

連休が終わったら、病院に行ってみようと思っていたので、
だいぶ良くなってきてはいたんだけど、意を決して行ってきました。

この際とばかりに、
腰、股関節、膝、全部を診てもらうことにしたんだけど、

レントゲン写真をいろんなポーズで十枚以上も撮りました。
かなり、窮屈な姿勢での撮影もあって、けっこうたいへんでした。

腰、股関節、膝
どれも、加齢による年齢並みの状態になっていて、
骨と骨との隙間が狭くなっていたり、
余計な骨が伸びている箇所があったりしています。

「病名がつくほどの状態になってはいないけど、現に痛みがあるんだから、運動もそこそこにしておきなさい、という警告ですよ。」
という医師の言葉でした。

サッカーの練習が始まるんだけど、
ここは少しの間自重して、
もう少し落ち着いたら、歩くトレーニングから始めて、
8月の大会に間に合うようにペースアップしていこうと思っています。

くやしいけど、
年齢(とし)には勝てないねえ、

この身体、長く使うためには、
無理せず、大切に使うことも大事だよね、今はそっちが大事。

  
posted by GG at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年03月27日

結婚記念日


昨日は結婚記念日でした、
なんと、45周年!

10歳になる孫からお祝いの電話がきて、いろいろ話していたら、
『ぼく、まだ10歳だよ、
 45年ってすごいね、ジージ』

あと5年経つと金婚式って言うんだよ、などと話したのですが、
ほんとに45年ってすごいよね、

金婚式を迎えられて、また孫からお祝いの電話が来ればいいなあと思うんだけど、
高齢になってくると、仲むつまじさよりも、お互いの健康が第一、

そんなことを考えていたら、
友人からの連絡、
「○○君が脳梗塞に罹りました、幸い、生命にはかかわりませんでした」

毎年、年賀状は夫婦の写真を送ってくる愛妻家です。
奥さんの気を揉む様子が目に浮かびます。

25年は銀婚式、
50年が金婚式、

45年も何か名前がついているだろうとWikipedia調べてみたら、
15周年までは毎年、それ以降は5年ごとに名前がついていました。
1周年:紙婚式
2周年:藁婚式、綿婚式
3周年:革婚式、糖果婚式
4周年:花婚式、(絹婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式
5周年:木婚式
6周年:鉄婚式
7周年:銅婚式
8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式
9周年:陶器婚式
10周年:アルミ婚式、錫婚式
11周年:鋼鉄婚式
12周年:絹婚式、亜麻婚式
13周年:レース婚式
14周年:象牙婚式
15周年:水晶婚式
20周年:磁器婚式、陶器婚式
25周年:銀婚式
30周年:真珠婚式
35周年:珊瑚婚式
40周年:ルビー婚式
45周年:サファイア婚式
50周年:金婚式
55周年:エメラルド婚式
60周年:ダイヤモンド婚式
75周年:プラチナ婚式

エメラルド婚、ダイヤモンド婚ぐらいは可能性があるかもしれないけど、
プラチナ婚式はムリだろうね、

  
posted by GG at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年03月14日

NHKカーネーション 高視聴率維持


NHKの連続テレビ小説『カーネーション』
今週は第24週「宣言」
全部で第26週だから、
大分、終りに近づいてきました。

半年経つのは早いですね、

このドラマ、
実在の人物をモデルにしているとあって、
関心を呼びやすいのか、当初から視聴率が高かったですね、

時代背景の中で、いろんな出来事の中でたくましく生きてきた、ダンジリ娘の生きざま、
極端な筋書きがあったわけでもなかったように思うけど、
いつしか画面にくぎ付けになっていました。

主役の女優が尾野真千子から夏木マリに変わり、娘たちが世界を股に活躍する一方で、
いかにも歳をとった糸子、
72歳にしては、身体能力が落ち過ぎじゃないかと思うんだけど、
仕事に対する意欲はすごいですね、

72歳になって、
新しい大事業を始める、
それも、足の骨を折って休養中のベッドの上で決断するというんだから、
すごい人だったんですね。

この親にしてこの子あり、

3人の娘たちは、現実の世の中で、ますます活躍しているんだけど、
ドラマの中では、母親が特別手をかけてはいなかったのに、
3人の娘たちは、この母親の後姿を見て育ったのでしょう、

やっぱり、
この親にしてこの子あり、ですよ。

今72歳、
92歳で亡くなった人だから、
残りの20年を2週間ほどで見せてくれます、

最後まで、気丈な岸和田ッ娘の意気を見せてほしいなと思います。

主演の女優が交代して、
GGはどちらかというと、保守的な人間だから、尾野真千子のほうがよかったと思っているんですよ、

尾野真千子の糸子だから、
それにつながる
 おばあちゃんの正司照枝
 父・善作の小林薫
 母・千代の麻生祐未
 十朱幸代や宝田明
などを思い出すことが出来る、

逆に、
がらりと変えた街並みや登場人物が、
脚本家の意図なのかもしれないけれど。

残り2週間、どんなドラマが待っているのか、たのしみですね。

  
posted by GG at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年03月02日

テレビのチャンネルがたくさんあって迷っちゃう


WOWOWが20周年とかで、
この1週間は無料サービスを実施中です。

ちょうどJ2も始まるし、
観たいチームの試合が見られてよかったな、と思ったんだけど、

番組表を見たら、
イングランドプレミア、
ドイツブンデスリーガ、
イタリア・セリエA
フランス、EUFA・・・
Jリーグのプレシーズンマッチ、

サッカーだけでもどれを見たらいいのか迷うぐらいにたくさんあるし、
そのほかのスポーツや
映画やドラマやドキュメンタリー・・・

昨日は本田が出場したCSKAモスクワの試合を見せてくれました。
ダイジェストじゃなくて、ホンモノの試合が観れるなんて思ってもいませんでした。

そうか、契約してお金を払えばこんなにたくさんんの試合が観られるんだね、

とは思ったんだけど、
こんなにたくさんあっちゃあ、どれを見たらいいのか迷っちゃうし、
録画しようものなら、朝から晩まで、一日中テレビにかじりつきだよね、

たまに、無料期間を設定して見せてくれるから得した気分で観られるし、

大事な試合は、NHK−BSやその他の局で放映してくれるから、それで充分かなと思います。

3月1日からは、
BS放送に新たな局が加わって、
また一段とにぎやかになりました。

今は、開局無料視聴期間だけど、
GGにはあまり興味がなさそうな局ばかりです。

今も、テレビにはセリエAの試合が映っているんだけど、
いつもこうして、パソコンに向かいながら、声が大きくなったら、テレビに目を移すような観方だから、
ほんとは、観なくてもいい試合なんだよね。

こうしてみると、
テレビのチャンネルが増えて、
観たい番組がいつでも観られるのはありがたいけど、

やっぱり、有料でも観たい番組って少ないのかな、
無料番組だけでいいことにしましょう。

  
posted by GG at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2012年01月24日

『北の国から '92巣立ち』2012年2月11日放送!


昨年(2011年)年末に再放送された
『北の国から』第1話から第24話まで、
1981年から放送されたドラマだから、
なんと、30年前の作品です。

その後、スペシャルドラマが8作作られて放送されたのですが、
いずれも高視聴率を獲得した心温まるドラマでした。

2011年末には、1〜24に続いて、
このスペシャルドラマのうちの4作が
12月27日から30日まで、
4夜連続で放映されました。

残りの4作は、
  5.北の国から'92巣立ち
  6.北の国から'95秘密
  7.北の国から'98時代
  8.北の国から2002遺言

お盆のころか、あるいはまた、年末にでも放送してくれるのかなあ、と思っていたら、
BSフジのホームページに

 2012年2月11日、北の国から'92巣立ち
放送の記事が掲載されていました。

 【前編】2月11日(土) 14:00〜16:25
 【後編】2月11日(土) 18:30〜21:20

『'87初恋』、『'92巣立ち』は、
文化庁芸術祭作品賞を受賞したドラマで、
やっぱり富良野・麓郷の美しい景色や家族愛が描かれていることでしょう。

だが、待てよ?!
『北の国から』なんて、前の放送を見てファンになっている人だけが、再放送を愉しみにしているだけなのかな?

でも、いいじゃないですか、
GGはすごくたのしみに、2月11日を待ちますよ。
数年前、行ってきた富良野のロケ現場や記念館を思い出しながら、
ドラマをたのしみたいと思っています。

観たことがない人も観てほしいなと思います、きっと北海道富良野のファンになるだろうと思います。

そして、第6〜8作のスペシャルドラマも是非、早い機会に放送してほしいなと思います。

  
posted by GG at 17:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年12月26日

『北の国から』再放送 スペシャル版


今日は『北の国から』再放送の最終回です。
BSフジで放送されていたのですが、
もう24回目、最終回になってしまいました。

記憶がうすれているのか、
あるいは、よく観ていなかったのか、
こんな内容のドラマだったんだと、あらためて再認識しました。

家族で観ていたような気がするんだけど、
かなり、大人向けのどらまだったんですね。

さて、明日からは、
スペシャル版4夜連続放送!

『北の国から '83冬』
  12月27日(火)20:00〜21:55

『北の国から '84夏』
  12月28日(水)20:00〜21:55

『北の国から '87初恋』
  12月29日(木)20:00〜22:25

『北の国から '89帰郷』
  12月30日(金)20:00〜22:30

毎回、一回もので完結するし、
こっちも中身が濃かったように記憶しています。

たのしみです。

  
posted by GG at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年12月25日

入れ歯


入れ歯(部分入れ歯)を作ってもらって、
かれこれ1ヶ月になる。

初めのうちは、歯ぐきにフィットしていないような感じがして、
食事の時だけ装着することにしようかなと思ったぐらい、

どうにも気になってしようがなかったけど、
がまんして1週間ほどつけていたら、
次第に、あまり気にならなくなりました。

夜は外して、
洗浄剤入りの水に浸しておくんだけど、

朝、装着した時、
うまく装着できないと、
一日中、歯ぐきにひっかるような感じがして、不快です。

入れ歯装着の仕方と言うより、歯ぐきの方が、いつもと違っているのかなとも思います。

そうは言っても、
おかげさまで、肉・野菜・・・・なんでも食べやすくなりました。

入れ歯を入れてから気がついたんだけど、
お正月の餅、
毎年、高齢者がのどに餅を詰まらせる事故が起きます。

嚥下能力が低下するというのも一因だろうけど、
ひょっとしたら、
歯がないから、よく噛めず、すりつぶさずに、餅のまま呑みこんでしまうことが原因じゃないのかな、

GGも、入れ歯にする前は、
肉なんか、よく噛めないから、形があるまま呑みこもうとして、
ウッとなった経験があります。

前歯しかない高齢者さん、
餅は小さめに口に入れて、
よくすりつぶして、呑みこんでくださいね。

もうひとつ、

入れ歯は熱を感じにくいということ、
今の入れ歯は材質がプラスチックだから、
熱いお茶を飲んでも、
熱いものを食べても、
入れ歯の部分では温度が感じにくいのです。

大きい入れ歯、総入れ歯なんかでは、
熱を感じない部分が大きくなるわけで、

熱いお茶を飲み、
ごくんと飲みこんだら、
喉をヤケドなんてことがありそうです。

自分が入れ歯を入れてみて、はじめて気がついたこと、
そりゃあ、
入れ歯なんかいれたくはないんだけど、

身近に高齢者がいる家庭では、
そんな気遣いもしてあげてほしいな、

しつこく、
「餅は小さくして、よく噛んで」と言う、

熱いお茶や味噌汁は初めっから出さない、
料理も少し冷ましてから、
鍋モノのときは、しつこく、
「よく冷ましてから食べて!」

老婆心ならぬ、老爺心、

事故の無い年末年始を過ごしたいものです。

  
posted by GG at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年11月05日

NHK「カーネーション」


NHKの連続テレビ小説「カーネーション」を毎朝観ています。

始まったころは、
関西風のドタバタ、
岸和田のダンジリ、
騒がしさにどうなることかと思っていたんだけど、

だんだん、根性ドラマの様相になってきて、
毎朝、のめり込んでしまっています。

ヒロインの小原糸子(尾野真千子)もさることながら、

祖母のハル(正司照江)
父親の善作(小林薫)
母親の千代(麻生祐未)

たちが、なかなか味があっていいですね。

今放送されている時代は、
昭和一ケタの時代のようだけど、

ミシン1台が、呉服屋の反物をそっくり売り払うほど高価なものだったのでしょうね。

このドラマを観ながら、
思い出すのは、GGの母親のことです。

昭和20年、
GGの父は戦死しました。

GGは男ばかりの3人兄弟、
6歳、4歳、2歳の子どもを育てるために、
母は、戦後すぐに洋裁学校に通いました。

戦争の時代は、
もうすっかり洋服が定着していたと思うけど、
洋服を大量に作って販売する時代ではなく、
1着1着を手作りするのが主流だったようです。

母は、そんな時代を見越し、
幼い子供を残して、勤めに出ることもできず、
洋裁技術を身に付けて、子どもの傍で仕事をすることにしたのでした。

ミシンを1台買い込んで、
細々と、近所の女性の洋服を縫います。

あの当時になっても、ミシンは高価なものだったでしょうね、
今の時代は、カラフルなミシンが主流だけど、
あの頃は、ドラマと同じ、黒一色の精悍なミシンです。

忙しい時は、
GGも下糸巻きやミシンへの糸通しをやったり、
時には、
直線縫いぐらいは手伝ったりもしました。

そんなことまで手伝いするぐらいだから、
食事作りなんかは、母がやっている暇は無く、
3人の兄弟が担当でした。

婦人雑誌の洋服デザインを参考にして、
付録に載っている型紙を新聞紙に写し取ったりするのは、ドラマと同じで、

テレビを観ていて
このところ、あの時代を思い出しています。

その後、高性能のミシンを買いましたが、
あの真黒なミシンは50年ぐらい使い続けました。

そのミシンは、
母が80歳を過ぎるころまで、
狭い部屋で存在感を示していましたが、

病気になって、
長男と同居することになって、
やむを得ず、処分してしまいました。

NHKのドラマは、

糸子が洋服仕立屋に就職して修業を続け、
結婚して夫を戦争で失い、

食べるために、洋服づくりをする、
その姿を見ていた3人の娘が、
デザイナーに育っていく・・・

3人の子どもというのは我が家と似ているんだけど、
違うのは、我が家は男3人の兄弟、

3人の姉妹だったら、母もずい分ラクだったろうなあと思います。

ドラマに限らず、
テレビはいつもパソコンをいじりながら、
観るともなしに観ていることが多いんだけど、

このドラマに限っては、
そんなことを考えながら観ているせいか、
気がつくと、手は動いていないで、
じっとテレビをみつめて、ドラマの中に入り込んでしまっている状態です。

全26週のうち、
来週がやっと第6週、
どんな展開になるのか、たのしみです。

  
posted by GG at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年11月01日

11年11月1日


今日は、
2011年11月1日、

11年11月1日と、
1が5個もつながって、
なんとはなしに、
いいことがありそうな気分になる。

今朝の新聞に、
11月1日は「犬の日」と出ていました。
ワンワンワンの語呂合わせだそうです。

今日から11月、

東日本大震災からもうすぐ8カ月にもなるんですね、
福島原発と合わせて、あちこちでの放射能騒ぎや
被災地に置き去りにしたペットや家畜の野生化なども問題になってきて、

もうすぐ雪も降り始めるし、
待ったなしの状況になってきました。

ところで、

11月1日の
 "今日は何の日?”
  いろいろな記念日になっています。
 計量記念日 灯台記念日 自衛隊記念日 生命保険の日 犬の日 点字記念日 すしの日 紅茶の日 本格焼酎の日 泡盛の日 川の恵みの日 野沢菜の日 古典の日 教育の日

あるもんですねえ、

ちなみに、11月11日は、
1がもっとたくさん並ぶから、何かの記念日になっているだろうと思って調べたら、
・電池の日 +−(プラスマイナス)を
      十一(じゅういち)と見て
・サッカーの日 11人対11人でプレイするから

など、定着はしていないと思うけど、ユニークな記念日になっているようです。

"今日は何の日?”
というサイト、
実にていねいなサイトで、
ついつい、長時間見てしまいました。

11月、札幌では初雪がまだ降っていないけど、
11月中には必ず降るだろうし、
本格的な冬に向かいます。

11(いい)11月でありますように。わーい(嬉しい顔)
  
posted by GG at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年10月21日

歯医者通い


数日前から歯医者に通っています。

以前、治療して、ブリッジにしていたのが、
抜けちゃって、ほったらかしにしていたら、

隣接していた一本がグラグラし始めて、
それがポロリと抜けて、

途端に食べ物の味が変わりました。

上の歯はほぼ完全に残っているんだけど、
下の歯は、前歯の6本と、奥に、なぜか一本だけしっかり残っている歯があります。

数えてみたら、
全部で21本、

「8020推進財団」という組織があって、
80歳になっても、自分の歯を20本以上持とう、
という活動を推進しているそうです。

こんなホームページを見たり、
歯医者で、歯科衛生士さんの説明を聞いたりすると、

もっときちんと歯磨きをしたり、
定期的に歯医者でケアしてもらえばよかったなと思うんだけど、

あのヤスリの音、
水が口の中に溜まって、息苦しくなること、

などなど、
昔とちっとも変らない歯の治療、いやですよね。

GGは先日誕生日を迎えて、「前期高齢者」になりました。
「後期高齢者医療制度」が問題になった時期があったけど、

「長寿医療制度」と呼び変えようということになって、
だけど、どうも定着していないようですね。

「8020推進財団」のホームページを見ると、

自分の歯がたくさんある老人ほど、積極的な日常生活を送っているそうです。

そりゃあ、そうでしょう、
歯がしっかりしていると、食べることが楽しいし、何を食べてもおいしい。

しっかり食べられれば、元気でいられるわけですよ。

入れ歯にしても、
しっくり合えば、自分の歯と違和感がないこともあるようだけど、
なかなかそうはいかないようですね。

いろいろ考えてみると、
歯は健康全般に大きくかかわってきます、
がんばって、治療を受けることにします。

  
posted by GG at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年10月01日

BSテレビ局がたいへんなことになっている


今日から10月、
BSテレビとCSテレビがたいへんなことになっていますね。

たいへんなことと言っても、
視聴者にはありがたいことだと思うんだけど、

BSのチャンネルがずいぶん増えたようです。

先日来、テレビの番組表に、
新しい放送局名が表示されるようになっていましたが、

いよいよ今日から本放送が始まったようです。

WOWOWがBSデジタル放送になり、
スカパーの一部がBSになり、

どちらも、その記念に無料視聴のサービスをやっているから、
少なくとも、この土日は、
どれを見たらいいのか迷うぐらいに、番組がひしめき合っています。

J2コンサドーレ札幌の試合もライブで、無料で観られるようだから、
たのしみにしているんだけど、
無料期間の終了後、いったいどの局が無料で観られるのかはっきりわからない、

これほど、チャンネルが多いと、
いいような、悪いような・・・

今日の午前中は、世界のサッカーダイジェストを観ていたんだけど、
サッカーのライブ放送は、
テレビをつけておいて、他の作業をし、
アナウンサーの声が大きくなったらテレビを見るということが出来るんだけど、
ダイジェスト版って、ハイライトシーンの連続だから、目が離せないんですよね、

結局、

無料で観られる期間は観るんだけど、
お金を払ってまで、観ようとは思わないのかな、

お金を払って観ている人には申しわけないけど、
頻繁に、無料期間を設定してほしいなあ。

  
posted by GG at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年09月26日

NHK「おひさま」いよいよ最終週


NHKの連続テレビ小説「おひさま」がいよいよ最終週を迎えました。

4月6日から始まったこのドラマ、
今回は、大震災の後の落ち着かない中での放送でしたが、
そこそこの評判で、視聴率もまずまずだったようです。

いろんなことが起きて、
寺脇康文も無事に生還し、
今度は娘の日向子が大やけどを負うようだけど、

今週末には、
万事メデタシメデタシのハッピーエンドになるようです。

いつものように、
出演者が集まる最終シーンは、
日向子が入学式に出かけていくシーンのようです。

たしかに、
子どもが小学校に入学するときって、
子育ての、大きな節目だよね。

代わって、
来週からは「カーネーション」

岸和田が舞台で、ダンジリも出て来るようだけど、
今のところ、
どんな物語なのかは、あまりイメージが出来ない。

主人公は大正2年生まれというから、
大正ロマンのよき時代から昭和に移り、
戦争に突き進んでいく激動の時代に生きた一女性の物語ということになるのでしょう。

たのしみにしているんだけど、
あまり、激動の人生じゃなくて、
穏かな、幸せな人生を送ってほしいな。
ドラマっぽくなくなっちゃうけど。

「おひさま」もそうだったけど、
「カーネーション」でも、

いろんな事が起こっても、
時代が過ぎて思い起してみれば、
あれもこれも、いい思い出だよ、と言えるようになればいいのかな。

  
posted by GG at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年07月20日

迷惑メールへの対処


身におぼえのないメールがたくさん届きます。

いくつかのホームページやブログを持っていて、
そこに、公開しているメールアドレスがあるから、
多少は悪用されることも覚悟しているんだけど、

このたびのメールはひどかった。

はじめは、明らかに『出会い系』と思われる文言、
タイトルに「会いたい」とか「写真を添付」とか、

こんなものに関わりあいたくないよ、
と思うから、
開封せずに、ごみ箱行き。

メールはプレビューするだけで、ウィルス感染することがあると聞いたことがあるから、
GGは、タイトルしか読みません。

ところが、
「こんにちは、○○です」
○○がよく知っている名前だったりすると、
大事なメールかも、と思って、
メールを開いてみます。

すると、なんとHTMLメール、
中味は明らかに出会い系、

しまった、と思うともう遅い、
それだけで、メールを開いたという情報が先方に届いてしまうようですね。

しばらくすると、
次から次と、そのサイトからメールが入ります。

こういうサイトって、
どんな仕組みになっているのか知らないんだけど、
どこからかメルアドを手に入れて、
試しにメールを送ってみて、
開いたことが確認できれば、
新たなメールをどんどん送る、
そんなシステムが出来ているようです。

対処法
大丈夫かな? と思ったメール、
少しでも気になったメールは、

まずは、
  「迷惑メール」に分類し、
  迷惑メールホルダーに入れてしまいます。
迷惑メールホルダーに入っているメールは、
開いても、HTMLメールでは開かれず、
テキストメールで開かれます。
だから、当方の行動が差出人に伝わることはありません。

たいていのメールは、
何日か、同じような内容のメールが届くけど、
反応を示さなければ、
いつの間にか、あきらめてメールが来なくなります。

ところが、
今回のメールはしつこかった。

初めのうちはありきたりの出会い系メールだと思っていたら、
途中から、
 渡したアレを返せ、
 助けてくれ、
 弁護士に依頼する、
 代理人をたてて、それなりの処置を取る・・・

代理人と称する人からは、
 脅しや嫌味のメールがどんどん届きます。

メールの中味は決して読まないんだけど、
1時間に3通ぐらいのペースで届きます。

「いい加減にしてくれよ、
もうやめてくれよ、」

 というメールを出したくなるんだけど、
 どうやら、そんなメールを待っているらしいから、
 ぐっとがまんして、
 じっと、黙りこくっています。

3週間ぐらい続いたかな、
あまりにもしつこいから、メルアドを変えようかなと思い始めたころ、

捨て台詞を吐いた最後のメールが届き、
ぱったりと同じメールは届かなくなりました。

あれ以来、違うサイトから
同じような迷惑なメールは届くんだけど、
自信を持って、
 “無反応”を決め込んでいます。

この種のメールを取り締まる法律は出来たようだけど、
なかなか目は届かないよね、

あまり気にしないで、無反応に徹して、
どんどん、ごみ箱に捨てるのがいいようです。

  
posted by GG at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年07月16日

スカパー無料 2011/07/16-18


スカパーTVが
2011年7月16日〜18日の間、
無料で視聴できます。

どうせ、終わった試合とか、
古いドラマとかに限定しているんだろうと思いつつ、
番組表を見たら、

なんと、
J1・J2のナマ放送が観られます。

ライブ放送を無料で見せてくれるのは珍しいよね。

今日は、
コンサドーレ札幌が、
ホーム厚別競技場で、14:00キックオフ、
対戦相手は水戸ホーリーホック

前節は愛媛に快勝し、
少し上向きかなと思わせる勢いだったから、

上位を覗うには
今日の試合も極めて大切な試合。

あいにくの梅雨空だけど、
涼しくて、ちょうどいいサッカー日和、
きっといいプレイを見せてくれることでしょう。

コパ・アメリカ、
女子W杯もあるけど、

3日間ともJリーグをテレビ観戦できるのはありがたいですね。

これに引き続いて、
有料でスカパーを観れば、
スカパーも嬉しいのだろうけど、
今のところ、有料でテレビを観る気持ちは無い、
申しわけないね。

  
posted by GG at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年07月05日

NHK“おひさま”タケオもシゲ兄も無事帰還


NHKの連続テレビ小説「おひさま」
全26週のうち、
今週はちょうど折り返しの14週が始まりました。

しばらく続いた戦争、
みんな、召集されて戦場に行き、

東京空襲、
松本空襲、
広島に原爆が落とされて、

終戦

タケオが帰って来て、
タケオらしい求愛、

和成が無事帰還して、
その姿を見た陽子が腰を抜かしてしまう。

どれほどの思いで待ち焦がれていたことか、
実際に目の前に待ち焦がれていた人が現れたら、
あんなふうになるのでしょうね。

GGの父親は、
GGが4歳の時に戦死しました。
終戦の4か月前、昭和20年4月のことです。

国から公報が届いて、
「台湾西方海上で輸送艦撃沈」
遺骨も遺品もまったくありませんでした。

だから、終戦になる前に、
GGの家は終わっちゃっていたわけで、

あんなふうに帰還を待つ気持ちって、
これまでは身に沁みて考えたことはありません。

「岸壁の母」なんて歌もありましたよね。

今の時代、
ゼロ戦に乗って、敵艦に突っ込む時、
ケータイで「サヨウナラ」なんて言ったり、

戦況をメールで家族に伝えたり・・・

ケータイを軍に持ちこむことはできないだろうけど、
今年は終戦から66年、
世の中、大きく変わってるよね、

「おひさま」
これから先の物語、どんなふうになるのでしょう?

やっと半分だから、
まだまだ紆余曲折があるのでしょう、

陽子が若尾文子にふさわしい人になるまでには、
まだまだ悲しいことが起こるのでしょう、

いろんな別れが心配です。
「今」にはタケオは出てきたけど、
和成は出て来ていません、

どんな悲しいことが起こり、
どんなふうにそれを乗り越えたのか、
展開がたのしみですね。

  
posted by GG at 14:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年06月03日

喧々囂々 侃々諤諤


さっき見ていたテレビ番組で、
ある人が、
かんかんがくがくの議論を・・・」と言いました。

しばらく番組は進んで、
女子アナウンサーが
けんけんがくがくの意見が・・・」と言います。

正しい言葉は、

 侃々諤諤
 かんかんがくがく
 遠慮することなく、言いたいことを言って、盛んに議論する様子

 喧々囂々
 けんけんごうごう
 多くの人々が口々にやかましく騒ぐ様子。

だから、
 けんけんがくがくという日本語は無い。

だけど、
「けんけんがくがく」って、ときどき耳にするような気もする。

言葉は生き物だから、
間違って使われていても、それが長い間にすっかり定着して、使い方が認められるということはよくあること、

まして、アナウンサーが使っているんだからと思って調べてみたら、

やっぱり、まだ市民権を得ている言葉ではなさそうですね。

けんけんがくがく」は間違いです。

ところで、

今日は、
参議院予算委員会で、
侃々諤諤の議論が行われているけど、

喧々囂々のヤジがうるさいし、

それよりも、
昨日の菅首相辞任発言に絡んだ、
民主党内の喧々囂々の不信発言、

気合を入れた震災復興の気運は程遠い感じです。

「侃々諤諤」は肯定的なケース、
「喧々囂々」は否定的な場面に使うのが合うようですね。

  
posted by GG at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年05月24日

NHK“おひさま”タケオ、戦争に行っちゃう


昭和16年(1941年)12月、
日本軍はハワイ真珠湾を攻撃し、
4年間にわたる太平洋戦争に突入した。

1941年はGGが生まれた年だから、
70年前のことです。

NHKの連続テレビ小説「おひさま」、
主人公「陽子」の同級生「タケオ」に召集令状が届きました。

両親、特に母親は、一人息子を取られてしまうことを悲しみますが、
当のタケオは、
「甲種合格、国の為に役に立てる」ことを喜んでいます。

こういう場面って、いつ見ても微妙だよね。
あの当時の世相、
人としてのホンネ、
親の愛情や家族に対する愛情、

さまざまな思いが交錯してしまいます。

予科練に行ったすぐ上の兄もそろそろ、戦地に出立するようです。

予科練に行った兄は、それなりの覚悟があってのことだけど、
いつも野良着を着て、ノッソリと暮しているタケオ、
軍隊で辛い思いをするのでしょうね、

いつもはセリフも少なかったのに、
今朝は、ずいぶん長いセリフをしゃべらせてもらいました。
演技に好感が持てますよね、
いつもこんな役ばかりじゃないと思って調べてみたら、

柄本 時生(えもと ときお)21歳、

柄本 明 さんの子どもだったんですね。

すでに、ずいぶんたくさんのテレビや映画に出演しているようです。
GGは映画やドラマを見ないものだから、ちっとも知りませんでした。

タケオの幼少時代を演じている子役の「勝 隆一クン」もかわいいね。

全26週のうち、今週は第8週、
えっ、もう3分の1ぐらい進んだんだ、

戦争が激しくなって、誰かが死んで、
戦争が終わって、陽子は結婚して・・・

タケオは生き残っていて、現代に登場しているからよかったんだけど、

まだまだ波乱万丈のドラマが、
どんなふうに展開するのか、
毎朝、たのしみに観ています。

   
posted by GG at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年04月10日

今日は地方選の投票日


今日は、統一地方選挙の投票日です。

札幌は、
 北海道知事選挙
 北海道議会議員選挙
 札幌市長選挙
 札幌市議会議員選挙

の4つの投票が行われます。

知事と札幌市長、両方とも現職が立候補していて、
やっぱり現職の強みはあるかなあと思います。

近ごろの地方選挙は、
党派を明確に打ち出さない傾向にあって、
所属党派を気にする人にとっては、
少し判断しにくいところもあるんだけど、

地方選挙となると、
道路一本やゴミ対策など、
毎日の生活にすぐにつながってくるから、
党派ではなくて、政策重視ってことになるでしょうね。

道会議員や市会議員になると、
一人一人はわかりにくくて、
やっぱり、知名度なのかな。

我が家は、徒歩15分ほどの中学校が投票所、
今日は天気もいいから、
春の風に吹かれながら、
のんびり歩いて投票を済まし、
近くのラーメン屋にでも寄って、
おいしいラーメンを食べてきます。

北海道の選挙も気になるけど、
他都府県の知事選挙なんかも気になるね。

   
posted by GG at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年04月04日

NHK“おひさま”が始まりました。


NHKの連続テレビ小説“てっぱん”が無事に放送終了しました。

東日本大震災の影響で、
地上波での放送は、1週間ブランクがあり、
BSでは、1日休んで翌日、2日分を一挙放送して追いつき、

だから、BSと地上波とが1週間のずれがあるという事態。

避難所暮らしの被災者、
停電続きの被災者、
あるいは、計画停電で思うように観られなかったという人も多かったでしょうね。

万事、円くおさまって、ハッピーエンド、
人生まだまだ続くって感じで終りました。

今日からは、地上波もBSも揃って、
“おひさま”が始まりました。

今日の第一回、
お母さんの病気療養のため、
安曇野に引っ越してくるシーンから始まったんだけど、
画面が実にきれいでした。

安曇野、行ってみたいなあ、
あの景色の中で食べる『蕎麦』おいしいでしょうね。

お母さんは、間もなく死んでしまうようだけど、
根っから明るい、
あるいは、亡くなったお母さんのいいつけで、
毎日を明るく過ごす“おひさま”、
どんな物語を見せてくれるのでしょうか。

泣いたり、笑ったり、
毎朝、たのしませてもらいます。

だけど、地震の被災者、朝ドラどころじゃないよね。
早く、ゆっくりテレビぐらい観られる暮らしになるといいね。

NHK“おひさま”のホームページ

  
posted by GG at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年03月26日

結婚記念日


今日はGG夫婦の結婚記念日です。

結婚式を挙げたのは1967年の今日のこと、
あれから44年になります。

結婚記念日は正式には入籍日なのだそうですが、(Wikipedia)
我が家は結婚式を挙げた日にささやかなお祝いをしています。

昔は、
結婚式を挙げ、招待制の結婚披露宴をして、
新郎新婦は、その足で新婚旅行に出発すると言うスタイル、

GGもまったくそのとおりでしたよ、
だから、入籍届は本人たちが、その日に提出することは出来ない。

誰かに頼むか、後で入籍することになる。

やっかいな問題が発生すると、
入籍日が結婚した日、ということになるのだろうけど、
結婚記念日をお祝いするぐらいは、
式を挙げた日でも、入籍日でも、どっちでも、
それぞれの家庭にまかせておいてほしい。

仙台で結婚式を挙げ、
列車で岩手県の花巻温泉に向かい、一泊、
翌日は北上して青森県浅虫温泉に一泊、

青函連絡船でGGのふるさと函館に行き、
友人や親せきに結婚の報告をしました。

まあ、その当時の一般的なパターンですね。

あれから、44年、
いろいろなことがあったけど、
まあまあの結婚生活=人生だったかな。

・・・なんちゃって、
人生まだまだこれからですよ。

来年は45周年:サファイア婚式

結婚記念日に宝石なんて買ってあげたこともないけど、
夫婦揃って健康なことが、
お互いへの一番の贈り物でしょう。

50周年:金婚式を迎えることが出来るかな?

その先の
  55周年:エメラルド婚式
  60周年:ダイヤモンド婚式
  75周年:プラチナ婚式
となると、
う〜ん、どうでしょうね?

地震の被災地の避難所で、
結婚記念日や誕生日やその他の
何かの記念日を迎える人も多いのでしょうが、

ケーキやごちそうはないけれど、
お祝いされる人がいて、
お祝いする人がいるってことだけで、喜んでいることでしょう。

「ああ、今日はあの子の○○日っだったのに・・・」
と嘆いている被災者も多いことを考えると・・・。

  
   
posted by GG at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年02月28日

NHK“てっぱん”あかりはどうする?


NHK朝の連続テレビ小説“てっぱん”、
全26週のうち、
今週は第23週、終りに近づいてきました。

自分の生い立ちの秘密を知り、
おばあちゃんと親しくなり、
下宿人のそれぞれ、
関わり合う人たちに希望を与え、

そして、実の父親にもめぐり合えて、

今度は、とうとう


自分の気持ちは自分でわかっているのだろうけど、
この先、どうしたらいいのかわからない、
決心がつかない、

カツオブシ屋の社長も、そんな中ではややトンチンカン、
当人の気持ちもたしかめずに、
親の許しを得に行く、

それも「結婚」の許しを得に行くのではなく、
「交際」の許可をもらうなんて、今どき、そんな人いませんよね。

不器用な真面目さに好感が持てるんだけど・・・。

NHKのホームページの「あらすじ」によると、福岡には行かないようだけど、
しかし、完全にふっきれているわけではない、
何か、展開がありそうですね、

今週を含めてあと4週、
どんなドラマが待っているのか、
とんでもないドタバタもおもしろいけど、

みんなが幸せ、
ハッピーエンドで終るのが、
やっぱりいいんじゃないexclamation&question

 
posted by GG at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年02月22日

映画『大いなる西部』


昨夜、NHK-BSの「BS映画劇場」で
『大いなる西部』を放映していました。

たまに、西部劇もいいなあと思って、
チャンネルを合わせてみました。

ただ、多分一度は映画館で観た映画だと思うし、
字幕だから、「ながら」鑑賞ってわけにいかない、
2時間50分もじっとテレビを観ているなんて、
GGにはしばらく無いこと、

いつもながら族だから、
つまらなかったら止めようと思っていたんですよ。

画面はいきなり大西部に馬車が走って来るところから始まり、

グレゴリー・ペックが馬車から降りてきて、
それをチャールトン・ヘストンが迎えに来て、

・・・もうテレビから目が離れなくなりました。

『大いなる西部』
ドナルド・ハミルトンの小説『The Big Country』を原作とする
1958年アメリカの西部映画です。

アメリカ西部のあるところに、
地元の二大勢力であるテリル家とヘネシー家が牧場を経営しており、

いつも何かと争いが絶えません。
その原因は、水資源争い。

泉から水が湧き出す牧場を遺産として引き継いだ女性牧場主もからんで、
その牧場を手に入れようとたくらむんだけど、
いつも考える方法はいやがらせや暴力。

そこへ、グレゴリー・ペック扮するジェームズ・マッケイが東部からやってきます。
元は船に乗っていたんだけど、
ヘネシー家の娘と結婚することになって、

そこには、牧童頭のチャールトン・ヘストンがからんで、
西部劇らしい雄大な風景をバックに、
拳あり、拳銃あり、
羊あり、牛あり、馬あり、

ストーリーも、
景色、映像の美しさもなかなか愉しめました。

音楽もいいねえ、
誰もが聞いたことのある、あの曲、

るんるんタララ ラーララララ〜〜〜、
 タララ、ラーララララ〜〜〜、・・・るんるん

文字で書いても分からないと思うけど、
『The Big Country』の雰囲気にピッタリなんですよね。

1958年の映画ということは、
GGは高校生、
映画館に出入りは出来た筈だから、
多分、観たと思うんだよね、

ところが、まったくどの場面も初対面、
まったく記憶にありません。

グレゴリー・ペックもチャールトン・へストンもよかったけど、

当初は悪役のヘネシー家の親父、ルーファス・ヘネシー役のバール・アイヴス、
西武魂を貫くなかなかの好演技
アカデミー助演男優賞と
ゴールデングローブ賞 助演男優賞
 を受賞したんですね。

結局、暴力やいやがらせ、対立するだけでは、
物事の根本解決にはならないということを
訴えているように感じました。

この映画が公開されたころのGG、
高校生のGGは、
こんな雄大な映画、人情味あふれる映画を観て、
アメリカに行ってみたいなあと思っていたんだよね。

NHK-BSは今、
アカデミー書受賞作品を中心に映画を放映しているようです。

右斜め下楽天でみつけたDVD左斜め下
【送料無料】大いなる西部

【送料無料】大いなる西部
価格:2,212円(税込、送料別)


posted by GG at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年01月27日

手のひらツール MS-OUTLOOK 勝手に変った


GGは、メールソフトは主にマイクロソフト・アウトルック(Microsoft Outlook 2007)を使っています。

先日、メールを読んでいたら、
いつもと違うんですよ、

マウスポインタが手のひらを拡げた形

   tenohira.gif

になっています。

画像などのオブジェクトを移動したりするときに使ったり、
PDFファイルなどではページの移動に使う、
「手のひらツール」です。

メール本文を読むときも、
ページの移動がラクだから、便利なんだけど、

いつの間に変ったのかがわからない、

勝手に変わる訳がないから、何の操作でそうなってしまったのが腑に落ちない、

そして、困ったのは、

メールの本文の一部をコピペしようと思ったら、
範囲選択が出来ないんですよ。

そうだよね、

手のひらツールで文字をドラッグしようとしても、
開いた手のひらは、ぎゅっと握った握りこぶしに変ってしまいます。

やっぱり、もとのままのポインタ(Iビーム)に戻そうと思ったのですが、
どこでその設定をすればいいのか、さっぱりわかりません。

Outlook2003 のときはどうだったか、なんておぼえていない、
オフィス2007 には、やっぱりまだ慣れていない、

インターネットのQAコーナーを探すと、
質問はあるんだけど、誰も答えていない。

夜、布団の中でも気になっちゃって、
はっと気がついたのが、「ツールボタンを表示する」ことでした。

手のひらツールがONになっているってことは、
手のひらツールボタンが押された状態になっているはずです.

初期設定では表示されていない手のひらツール、
慣れない2007、ツールボタンの表示はどこでやる?

やっと探し出したのがココ、

outlook_office.gif

画面左上の▼ボタンをクリックすると、
「クイック アクセス ツールバーのカスタマイズ」
が表示されます。

現在表示されているツールボタンに「レ」チェックがついています。

下の方の「その他のコマンド」を選びます。

「編集オプション」のダイアログが表示されます。

「コマンドの選択(C)」から「リボンにないコマンド」を選びます。
一覧の中に、「手のひらツール」がありますので、
これをクリックし、中央の「追加(A)」ボタンをクリックして、右側枠「クイック アクセス ツールバー」に表示されたことを確認して、OKボタンでこの画面を閉じます。

この操作で、「クイック アクセス ツールバー」に
手のひらツールが追加表示されます。

tenohira_add.gif

手のひらをクリックしてON/OFFを切り替え、
マウスポインタの状態を確認します。

もっとスマートな方法があるのかなとも思うんだけど、
結果オーライだから、いいことにしましょう。

なお、ツールバーの初期設定がどうだったのか憶えていないし、
上の画面と違っているかも知れません。

困っている方の参考になれば幸い。

    
posted by GG at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年01月17日

イモト アヤコ「調剤薬局事務」資格に挑戦


言わずと知れた「世界の果てまでイッテQ!」の「珍獣ハンター・イモト」。
近ごろ、
「資格取得に挑戦する!」というコマーシャルに出ている。

コマーシャルなのか、番組予告なのか、
どっちにしても、
体力系タレントのイモトが、
資格取得に挑戦するというんだから、おもしろそうです。

24時間テレビのマラソンには出るし、
相変わらず世界中を走り回っていて、
とても勉強する時間なんか無いだろうと思い、

どうせ、
「初めての挑戦で不合格でした!」
などという番組でも作るつもりだろうと思っていたら、

いやいや、
本気らしいですよexclamation

プレスブログからの情報によると、
イモトアヤコさんがユーキャンの通信講座「調剤薬局事務講座」を実際に受講し、

資格取得に挑戦する姿を追ったエンターテインメント番組「イモトアヤコのつづける!ユーキャン」。

2010年10月に資格の学習を始めてから、2011年4月の合格発表まで、イモトさんのホンキとホンネが垣間見える全5話を順次公開!

「イモトアヤコのつづける!ユーキャン」
  第1話 イモト、資格と出会う!
  第2話 イモト、始動!
  第3話 イモト、添削される!
  第4話 イモト、壁にブチ当たる(1月中旬公開予定)
  第5話 イモト、いざ試験!(4月下旬公開予定)

これが、公開されている第一話、


カラダを使って、世界の果てまで行って来るとか、
見たこともない珍獣に手を触れるとか、

そんな挑戦ならわかるけど、
ただでさえ忙しいのに、
よくやってみる気持ちになったものです。

『仕事』だと観念しているのだろうけれど、
何につけても、
前向き・積極的・プラス指向な性格なんでしょうね。

『第2話 イモト、始動!』では、教材も届き、実際にロケの合間、時間を惜しんでテキストに目を通しています。
あの太い眉毛が真剣です。

イモトが挑戦する資格は「調剤薬局事務」、
今日現在で、受験日まで68日、順調に準備は進んでいるというから、たのもしい。


シカク.TV(シカクドットティービー)のサイトを覗いてみたら、
「調剤薬局事務」の分かりやすい解説がありました。

さすがユーキャン!
テキストも図解豊富で、きっとわかりやすいんだろうなと思っちゃいました。

シカク.TV(シカクドットティービー)には、
くりぃむしちゅーの上田晋也さんが、
 ユーキャンの通信講座を分かりやすく紹介する
「上田晋也のなるほど!ユーキャン」も公開されています。


  
posted by GG at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2011年01月07日

祥月命日(しょうつきめいにち)


1月7日は母の祥月命日しょうつきめいにちです。

亡くなってちょうど、まる2年、

暮れに3回忌の法要は終っているんだけど、
祥月命日ですから、仏壇がある苫小牧の兄の家に行って行ってきました。

亡くなった日も雪がけっこう降っていました。

今日も、全国的にこの冬一番の冷え込みで、
札幌の最低気温は氷点下10.1度、
最高気温も氷点下6.5度での真冬日でした。

我が家の近くは、ときどきチラホラと降るだけでしたが、
札幌ドーム周辺では、前の車がボンヤリしか見えないほどの激しい雪でした。
風も強いようで、幟旗が勢いよくはためいています。

恵庭を過ぎ、千歳が近くなると、
空は真っ青、さっきの雪は何だろうと思うぐらいの好天でした。

日本海側と太平洋側の気候の違いなのでしょう、
苫小牧も雲ひとつない青空でした。

ラジオでは、あちこちで高速道路の通行止めを報じています。
降雪、事故、

この青空の下だと、吹雪だなんて信じられないけど、
さっきの状況下だったら、視界不良も信じられる。

東京で、青空の下に住んでいる人が、
東北や北海道の大雪のテレビを見ても、
なかなか実感として感じることはできないだろうね。

仏壇に線香をあげて、

帰り道、少しは収まったかなと期待したんだけど、
札幌に近づくにつれて、だんだん雪が強くなりました。

前の車のテールランプがぼんやりと見えます。
これが雪道での事故のもと、

ときどき、雪道で何百台もの車が次から次にぶつかり、
後続の車が、そこに、次から次と突っ込んでゆくという事故が起こります。

車を運転していて、前の車がぼんやり見える状態だから、
だいぶ車間があいている、と勘違いしてしまうんだね、

先行車のテールランプを見て追随し、
先行車が何かの理由で止まった時、十分と思っていた車間距離が短い、
ブレーキは利かない、
路側には雪の山、ハンドルで逃げることも出来ない、
結果、前の車にドーン!
後続車も同じ状態だから、次々に突っ込んで大事故。

幸い、事故にはならず、捲き込まれず、
無事に帰ってきました。

こんな日の運転は疲れます。
思わずハンドルを握る手に力が入るし、
肩にも力が入ってしまいます。

次回の墓参りは春のお彼岸、
そのころには、道路の雪も少なくなっていることでしょう。

  
posted by GG at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年12月23日

樋口一葉


NHK BSで過去に放送した番組で
好評だったものを再放送しています。

BSベスト・オブ・ベストと題するこの企画、
大自然、世界遺産、文化財、
さまざまな分野にわたって、興味深い番組が次々に放送されています。

今朝は東大寺、

今は「樋口一葉」の
『恋する一葉〜平成の女子大生がたどる明治の青春』
が放送されています。

樋口一葉の代表作『たけくらべ』なんかは、よく知っているけど、
読んだことあるのかなあ?

紙幣の肖像画に使われるくらいだから、
よほどの人物なんだけど、
意外に作品を読んでいないんだよね。

樋口一葉は1872年5月2日〈明治5年3月25日 (旧暦)〉- 1896年、
わずか24年の生涯に数々の名作を遺し、
貧しさの中、結核で亡くなった明治の女流作家。

時代背景などが理解しやすいから、
GGは石川啄木と並べてみるんだけど、

啄木は1886-1912だから、
一葉が亡くなったとき、啄木は10歳、

一葉の作品を啄木が読んだことは、日記に記されている。

『青空文庫』には樋口一葉の作品がたくさん公開されています。
「たけくらべ」もありました。
意外に短い作品です。

「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に・・・・・」の出だしの文、
ああ、これだ! 読んだことあるよ!

五七調の文章で、なかなかの美文なんだけど、
文語体の文章って、斜め読みではなかなか意味が読みとれない、

時間があるときに、じっくり読んでみたいと思います。

青空文庫へリンク

  
posted by GG at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年12月19日

3回忌


母が満92歳で亡くなったのは、
昨年2009年1月のこと、

あれから間もなく、2年、
祥月命日に先だって、3回忌の法要を行いました。

苫小牧の長兄宅に集まり、
寺に行って、お経をあげてもらって法要を済ませ、

登別温泉に一泊です。

総勢20名ほど、
こうして一族郎党が集まってワイワイ騒ぐことが好きだった母、

きっとどこかから、見ていることでしょう。

往路はかなり強い降雪で視界が悪く、
道路状態も良くなかったので、
予想以上に時間がかかりました。

帰路は昨日の雪が融けて、ビシャビシャ、
車は泥だらけになりました。

この時期の温泉、いいですね、
忘年会気分で、雪景色を見ながらの露天風呂、
おいしい料理をたらふく食べて、
一族郎党の懇親を深めて、・・・

亡くなった母のおかげです。

3回忌の後は、普通、7回忌ですね。
4年後、
みんな元気で、こうしてまた集まって法要をすることができるかな、

いや、
法要がきちんとできるように、
元気でいなきゃ、天国の母が悲しむよね。

  
posted by GG at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年12月04日

あかりの父親探し NHK『てっぱん』


あかりの母親「千春」が、寺の住職に預けたという封筒の中身、
気になったよね、

いったい何が入っているんだろう、
あるいは、あかりの父親のことが書いてあったり、

何か大きな秘密が明らかになるとか、
いろんな憶測やそれぞれの立場で心配していたけど、

昨日、とうとう開きましたね、

それも、みんなが立会いの下で開いてみたら、

GGも、

何が書いてあるんだろう?
と固唾を呑んで見ていましたが、

『あかりと、お母ちゃんのお好み焼きを食べたい』
と、たった一言。

しかし、この一言が、おばあちゃん(初音・富司純子)にとっても、
あかりにとっても、
うれしい一言でした!

千春が家出して以来、わだかまりが消えなかった富司純子おばあちゃん、
そのわだかまりを感じさせられているあかり

19年のわだかまりが一挙に融けてしまいました。
初音おばあちゃんも、お好み焼きを焼くことになり、
笑いと明るさが絶えない雰囲気になっちゃいました。

予告によれば、
お好み焼屋と会社勤めとの両立が難しくなって、
どちらか一方に絞り込むことになりそう、

「てっぱん」というドラマなんだから、
お好み焼屋に専念しなきゃ、ドラマが成立しないと思うんだけど、
果たしてどうなるのでしょうか?

お母さん・千春の感動的なメモを読み、
初音おばあちゃんがお好み焼きを復活し、

感動的な場面は、
これで終わってしまってもいいような雰囲気だったけど、

全26週のうち、やっと10週が終ったところ、
まだまだこれからだね、

予告には、
チラリと父親の影が出て来たけど、
父親探しはまだ早いと思うんだけどなあ、

ドラマの終盤、
クライマックスに父親のことが解明されて
・・・というのがお定まりだと思うんだけど。

さて、あかり
どんな結末に進んでいくのでしょうかね。

   
posted by GG at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年11月29日

千春の遺品は何か? NHK朝ドラ「てっぱん」


NHKの連続テレビ小説「てっぱん」、
全26週のうち、
今日から第10週「ソースが目にしみる」

下宿人の父子のもとに、
離婚して東京に住む母親が民男を引き取って、東京で暮らしたいと言う、

そんな騒ぎの大阪をよそに、尾道では、あかりの母「千春」が遺した遺品が発見されて、
その扱いを巡って、大騒ぎ。

寺の住職に預けたモノ、一体何でしょうか?

封筒に入っていて、表には預った住職が書いた「千春さんから預り」の文字だけが書かれている。

手紙のようにも見えるし、そうじゃないかもしれない、
遺書? 写真?

いったい、何が入っているのか、
みんながみんな、不安と興味でいっぱい、
誰が封を切るのかも問題、

やっぱり母親が封を切るべきだということになるようだけど、
スケジュール的には、今週中に封が開くのかどうか、

開いてみたら、まったくつまらないものだった!
てことにはならないだろうね、

封筒に入っていたモノによって、
また新たなドラマが展開していくことでしょう。

二つの家族を持つ主人公のあかり

このドラマから感ずるのは、家族愛とか人間愛など、
人と人とのつながり、そして別れ、

今週もまた、テーマはそのあたりですね、

やっと軌道に乗りかけたお好み焼店、
ソースが目にしみるような悲しい展開もあるのでしょうか、

とりあえず、
あの封書の中身がすごく気になるよね。

   
posted by GG at 13:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年11月17日

南九州・鹿児島に行ってきました。


日曜日(14日)早朝に出発し、
昨夜遅く帰着、2泊3日で鹿児島まで行ってきました。

昭和34年(1959)卒業の高校同窓会です。

少し特殊な学校で、学年全部で男子50人、
全員寮生活でした。
だから、結びつきは緊密で、
ほぼ毎年集まっています。

今回集まったのは、同期生18人、
奥さんが6人、合計24名でした。
物故者が6名なので、参加率39%

昨年は北海道、今回は南九州、
北海道、関東、関西、四国、九州に在住しているから、
持ち回りで、幹事を引き受けているのです。

GGは北九州を中心に熊本までは行ったことがあるんだけど、
鹿児島を中心とする南九州は初めてです。

宮崎県や沖縄にも行ったことがありません。

九州の南端、鹿児島って、
どうせ、日本の端っこ、
桜島や桜島ダイコンぐらいしか無いんだろうと、
たいして期待せずに行ってみたのですが、

何の何の、
篤姫、西郷隆盛、坂本竜馬・・・
今、沸騰中の街じゃありませんか、

どこへ行っても、
篤姫、坂本竜馬、島津斉彬、西郷隆盛、

薩摩の歴史は日本のあけぼのの歴史、
とばかり、ずいぶん、あちこちの資料館などを見てきました。

薩摩の人たちの
自信に満ちた郷土愛には、並々ならぬものがあると感じました。

写真が整理できたら、
どんなところに行ってきたかを紹介するんだけど、

今日はもっとも強烈な印象が残った、
知覧ちらん特攻平和会館』

鹿児島県 知覧特攻平和会館前の銅像とゼロ戦

主に沖縄戦で散った特攻隊員の遺品や手紙などが大量に陳列され、
錆びたゼロ戦の部品なども陳列されています。

GGは興味深く、遺書めいた手紙などを読んだのですが、
一人・二人ぐらいで、
もうその先には進めませんでした。

数年前、当時首相の小泉さんがこの会館を訪れ、
手紙を読んで絶句し、嗚咽をこらえていたことがあったそうです。

小泉元首相のお父さん純也氏は、鹿児島県選出の防衛庁長官を務めた人で、
時の町長とともに、飛行場建設に尽力し、
1944年(昭和19年)に飛行場完成、

翌年には、
この飛行場から201人の若者が沖縄に向けて飛び立ち、
戻ってくることはありませんでした。

飛行場建設を進めた町長は、
「オレがこの飛行場を作らなかったら、この町にこんな悲しいことを起こさなかった。」
と悔やんでいたそうです。

小泉純一郎もそんなことが胸をよぎったのでしょうね。

南九州・鹿児島、すばらしいところでした。

  
posted by GG at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年10月31日

二日酔


昨夜、函館から知人を迎え、
すすきのの居酒屋で、一杯やりました。

呑んでいて、
いやにピッチが早い、
追加注文の回数が多い、

話がはずむし、
料理もうまい、

酒がまた、うまい!

ハッと気が付いたら、
とんでもなく遅い時間、

あわてて、勘定を済まし、
知人をホテルまで送り届けて、
地下鉄に乗ろうとしたら、
最終電車は行ってしまった後でした。

反省! 反省!

今朝起きたら、頭痛はしないけど、
胸のあたりがムカムカ、
昼飯なんか食べたくないし、
夕方になっても、気分悪し。

お風呂に入って、
汗をかいたら、やっと、なんとか正常感を取り戻しました。

ついつい呑み過ぎたことを反省、
次は気をつけようと思っても、
ついつい、はしゃいじゃって、
飲み過ぎちゃう。

昨日だって、
ペースが早い、って気が付いているんだから、
注意! すればよかったのに、
雰囲気で、ガンガン行っちゃった!

二日酔い、
エチルアルコールとかアセトアルデヒドとか、
体内での化学変化の処理能力が能力を超えているわけで、

いい歳をして、
自分のキャパシティ、わかっていそうなもの、

次は気をつけますexclamation×2

  
posted by GG at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年10月21日

NHK朝ドラ『てっぱん』いけずな富司純子


おっと失礼、
“いけず”なおばあちゃんは、富司純子ではなく、
富司純子が演ずる初音おばあちゃんです。

“いけず”ぶりがしっかり板に付いた、名演技ですね。

第4週「上を向いて食べよう」、
なかなか感動的です。

初音おばあちゃんが経営する下宿屋の住人たち、
それぞれがバラバラ、

だいたい、下宿のおばさんって、
どこでも、愛想がよくて、面倒見が良くて、
ときにはおせっかいとと言われるほどなのが相場だと思うけど、

初音おばあちゃんは、
絶対に他人にかかわることをしない、

だから、
下宿人同士も、お互いに関わりを持とうとしない、

同じ屋根の下で暮らす人たちが、
それぞれに悩みを抱えながらも、
助けを求めようともしない。

そんな暮らしが厭なんだよね、
主人公のあかり(瀧本美織)、

おばあちゃんや冬美(ともさかりえ)に助けられながら、
下宿人たちは、表向きは別としても、
次第に心を開き、

おばあちゃんも、
“やさしい下宿のおばちゃん”になりそうな雰囲気です。

物語は、
おばあちゃんあかりとの二人で、
お好み焼屋を始めるようですが、

その店を媒介にして、
さまざまな人間模様が描かれることでしょう。

あかりってバイタリティあるよね、
だけど、何か問題が起こらないことにはドラマにならないから、

これから起こる様々な事件がたのしみだね。

  
posted by GG at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年10月16日

禁煙1カ月


禁煙を始めてからほぼ1カ月になります。

1か月も続いたから、
もう大丈夫かと思うんだけど、
まだまだ油断できませんね、

だって、

いまだに、
何か一区切り付くと、

例えば、
このブログなんかを書き終えたりすると、

ほっと一息、

“さて一服、”
という気持ちになるんですよ。

その先は、
“そうだ、タバコやめたんだ、”と思うし、
煙草は無いから、吸えないし、

吸いたいとも思わなくなった。

でもね、
禁煙をやめる、すなわち、また煙草を吸うって、簡単なことだよね、

ときどき、煙草の悪魔が耳元で囁きます。
“1か月禁煙できたんだから、もう大丈夫だろう、
 試しに1本吸ってみたら?”

危ない、危ない、

そんな悪魔のささやきに乗ってしまうと、
1か月の苦労があっという間に、
簡単に元のもくあみ、

それを支えているのは、
“お金がもったいない!”

今になってみると、
 一日400円、
 1カートン4,000円、
 1か月12,000円、
 1年間150,000円

健康を損ねながら、せっせとお金を燃やしている、
なんと、愚かでバカバカしい!

  ・・・と、自分に言い聞かせているわけで。

煙草をやめると太るとかいうけど、
あれは、口さみしくなって、お菓子を食べたりするからだし、
食事がおいしくなって、よく食べるからのようで、

逆にいえば、
煙草にダイエット効果なんかあろう筈がない。

禁煙の1カ月、
特別、悲壮感漂うほどの苦労もなく、
なんとか、落ち着いてきた、

世の中の禁煙挑戦者の皆さん、
   がんばりましょうね exclamation×2

   
posted by GG at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年10月15日

久しぶりの中心街、疲れるね


知人の書道展、
今年は、そこそこの賞をもらえたそうなので、
鑑賞に行ってきました。

例年のことながら、
作品の迫力に圧倒されます。

繊細な、かな、漢字、
豪快な大きいサイズの漢字、
漢字とかなが混じった調和体、
そして、篆刻、

どれも力作ばかりなんだけど、

素人のGGとしては、

畳1枚ぐらいの大きさの紙に、
でっかく2文字ぐらい書いているようなのが、
目を引いてしまいます。


札幌の中心街に出かけたのは久しぶり、
もう1カ月ぐらい前かな、

前回は夕方の飲み会だったから、
すすきの周辺に直行だったんだけど、

今回は、大通公園の近くだったので、
北洋銀行本店ビルに入ってみました。

北洋銀行本店ビル

地下鉄大通駅から段差が感じられなく繋がっていて、
いつの間にか、このビルに入ってしまったようです。

ゆったりとした空間がふんだんにあって、
くつろげますね。

ただ、人が行き交うし、
みんな急ぎ足だから、
街中に来たのは1カ月ぶりなんて言う人間には、
見ているだけで、疲れちゃうね。

1階のスイーツ・ショップ、
道内各地から集まっているんだけど、
GGはまず、函館の評判の店を覗き、


月寒アンパンの店があったので、
月寒アンパンを買いました。

考えてみたら、月寒アンパンなんて、札幌市内ならどこででも買えるのに、
あの雰囲気についつい誘われてしまいました。

3階〜4階にはレストランがありましたが、
どこも混みあっていたから、メニューを覗き込むだけでやめてしまいました。


大通公園あたりは、まだ紅葉は始まっていませんね、
駅前通りの工事はかなり終っているようで、
大分歩きやすくなっていました。

結局、珍しくもない食事をし、
2〜3店に入ってウインドウ・ショッピングをしていたら、

雨が降り始め、
地下街に潜り込んだら、

なんだか、ドッと疲れを感じて、
帰ってきちゃいました。

街へ行くたびに、
少しずつ変っているところがあっておもしろいんだけど、

疲れるね。

地下鉄真駒内終点あたりの木々は、
赤や黄色に、大分色づいてきています。

   
posted by GG at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年10月03日

大沢親分 体調不良?


毎週日曜日、
大沢親分と張本さんのスポーツ解説をたのしみに観ています。

あっぱれ!
喝!

独断と偏見で評価し、解説するコメンテーターぶりは、
わかりやすくて、楽しい。

ところが、先週も今週も、
大沢親分が体調不良とかで、テレビに出演していない。

今日は紙でコメントを寄せているけど、
張本さんとの掛け合いがないから、
張本さんも、張り合いがなさそうです。

大沢親分の具合の悪さの程度も明らかにされていないし、
病名もわからないんだけど、

先日来、
テレビで見る顔に、
少し精気が欠けているなあと感じて、
家族で話していたんですよ。

元気の無さって、顔に出るものだなあ、と

心配しています。

早く元気になって、
戻ってほしいですね。

親分に元気が無いと、
日本ハムファイターズも元気が出ませんよ!


   
posted by GG at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年09月21日

古希(古稀)のお祝い


先日、誕生日を迎えました。

なんと、
満69歳です。

還暦を迎えたのは、ついこの間のような気がするんだけど、
あれから9年、あっという間ですね。

古稀(稀は当用漢字じゃないから、今は古希と書く。)は70歳のお祝い。
中国の詩人杜甫が詠んだ詩の中の
「人生70、古来稀なり」から引用して、
70歳を古希と呼ぶのだそうですが、

古希は数え年でお祝いするのが一般的で、
GGの場合は、2010年1月1日から12月31日までが、
数え年70歳、

先日、孫たちが夏休みで遊びに来た時、
一族郎党が集まる機会があったから、
思いがけず、古希のお祝いだよ、ってことになりました。

誕生日にもやっぱり、古希だね!

祝い酒 古希 古稀 フリーラベル
GGの子どもが、誕生日祝いに、インターネットで取り寄せてくれたお酒です。

『古希』というお酒があるんだね!
と思ったら、ラベルを指定して毛筆で書いてもらえるんですね。


     


何かの記念とか、贈物には絶好ですね。
もちろん、中身のお酒は本格純米酒。

ラベルの文字を眺めながら、
キリッと冷えた、
トローリ、ふくいくとした香りを愉しむ、
至福のひとときですね。

来年の誕生日は満70歳、
来年もきっと『古希』のお祝いするんでしょうね。

お祝いは何度やってもいいでしょう、
肝心なことは、元気で、健康で、その日を迎えることですよ。


ところで、
白鵬が連勝記録を伸ばしていますが、
次の目標は、双葉山の69連勝、

大相撲でも、70という数字は、 、
白鵬は達成しそうな勢いだけど、
考えるほど、たいへんな記録ですね。

白鵬もすごいけど、
それ以上に、双葉山のすごさです。

  
posted by GG at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年09月18日

ゲゲゲの女房 もう最終週


NHK、朝の連続テレビ小説、
『ゲゲゲの女房』、
もう最終週を迎えるんですね。

3月29日から始まって、もう半年、
来週は第26週です。

今週は、布美枝の父、源兵衛(大杉漣)が脳梗塞で倒れたという連絡が入ったシーンで終ってしまったけど、源兵衛さんも死んじゃうのかなあ?

予告編の中に、黒い服を着て集まっているシーンがあったから、
お葬式になっちゃったのかもしれないね。

NHKの朝ドラは、最終週に出演者たちを集めるのが常だから、
こんな形で、みんなが集まって来て、
回想シーンが映されるのかな。

今回の『ゲゲゲの女房』、
視聴率がそこそこだったようで、よかったね。

いわゆるドラマっぽい、奇想天外なストーリーがあるわけでもなく、
どちらかといえば、坦々と展開してゆくドラマだったと思うけど、

ドラマを観ているうちに、
知らず知らず、自分の過去と照らし合わせて観てしまうんですね、

昭和の下町の風景、
着ている洋服も昭和っぽくて、

テレビ、電話機、ちゃぶ台などの小道具も昭和のにおいがして、

子どもたちが成長するにつれて、
何か悩んでいるのがわかるんだけど、
子どもの心に入り込めない、入り込ませようとしない、
子どもも悩むけど、親も悩む・・・・

そんな子育て時代、
一方では、自分にだって、仕事の悩み、
女房は女房で、それぞれに悩みもあって・・・・

そんなことが、
観ている人の共感を誘うのでしょうね。

このドラマ、水木しげる夫妻をモデルにしていることは、はっきりしているし、女房が書いた同名の本も出ているけど、
ドラマで見るように、すてきなご夫妻なんでしょうね。
(『すてき』は、少し表現が違うかな)

水木さん、まだまだやりたいことがたくさんあることでしょう、
健康に留意して、水木マンガをたくさん残して下さい。


さて、9月27日からは、
『てっぱん』

お好み焼きの鉄板(てっぱん)のようだけど、
舞台は広島や大阪、

富司純子が演じる、複雑な事情を持つ大阪のおばあちゃんがキーウーマンなのかな?
泣き笑いの人情劇なのか、

このドラマもたのしみですね。

   
posted by GG at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年09月11日

久しぶりのススキノ


昨夜は、
30年ほど昔、同じ職場で仕事をしていた人たちの集まりがありました。
毎年、この時期に行われているのですが、
去年は欠席したので、今年は是非とも出席しなければ、と
たのしみにしていました。

考えてみれば、
ススキノで飲むのは、去年の11月以来のこと、
へええ、もう10カ月も経つのかと、
びっくりしてしまいます。

ススキノは、けっこうな人出でした。
サラリーマンにとっては、ハナキンですよね。

集まったのは、20人ほど、
およそ半数が関東・関西在住の人たちです。

それに札幌在住の人を加えて、
ゴルフを2ラウンド、
一晩は懇親会、

関東・関西からは2泊3日の行程です。

今年は、天候が良くてよかったですね、
この2泊3日は、北海道らしい気候で、
雄大な北海道らしいゴルフコースを堪能したようです。

GGはゴルフは参加せず、
飲み会だけに参加しました。

30年ほど昔のあの事件、この事件、
今はすべてが笑い話、
GGも知らなかった事件の裏側の暴露もあったりして、
びっくりしたり、笑い転げたり、
たのしいひと時でした。

出席者のほとんどが、先輩たち、
ほとんどが70歳をこえているんだけど、
元気ですね。

70歳を超えて、
2泊3日の行程の中で、ゴルフを2ラウンド、
元気でなくちゃ、できないことだよね、

それでも、
毎年来る人が今年は来ていない、
聞くと、やっぱり病気、

こんな集まり、
いつまで続くのかなあ、
一人減り、二人減り・・・

GGは、そんなことにならないように、
元気でいなくちゃ!

関東・関西から来る人たち、
年に一度のことだから、楽しみにしているんだろうけど、
みんな年金生活者、お金もかかるよね、

だけど、
飛行機代+ホテル2泊で、4〜5万円台、

どうしてこんな値段が可能なんだろうと、
いつも不思議に思います。



 
posted by GG at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年08月26日

久しぶりの雑草抜き


庭の雑草が伸び放題になっていて、気になっていたんですよ。

カンカン照りの暑い日は、熱中症が心配だし、
雨の日もできない、
曇っていても、何となく気が乗らない、

日が照っていて、空気が冷たくて、ほどよく風が吹く、
そんな日が絶好の草抜き日和、

今日の札幌、まさにそんな日でした。

天気図を見ると、
東北地方に秋雨前線がかかっていて、

前線の北は、秋の冷たい空気、
前線の南は、まだ夏の気候。

庭に出てみると、
うーん、かなり伸びています。
今まで見たことも無いような草も生えているんですよ。

庭の片隅に植えておいたイチゴも、
ランナーがたくさん伸びていて、
とんでもない所に、根をおろしています。

自分が植えたのではない草を、
なるべく根っこから抜いて、
ついでに、イチゴの古株を片っぱしから抜いて、
2時間近くかかって、
やっと、さっぱりしました。

元気そうなイチゴの株を植え替えて、
今日の作業はおしまい。

イチゴの植え替えなんて、
こんな時期にやってもいいものなのかどうかも知らないけれど、
それほど、たくさんあるわけじゃなくて、
実がついたら、おもしろいだろうなと考えて植えたものだから、
まあ、来年花が咲かなくてもいいかな、という程度です。

ウチの奥さんが植えたハーブ、
元気がよくて、ずいぶん元気に葉を拡げています。
そのハーブが、種を飛ばすんでしょうね、
庭中にそのハーブの子が生えてきています。

庭全体をハーブ園にしようというのならいいんだけど、
これほど増えるのは困りもの、
ハーブは虫を寄せ付けないというから、
それはそれでいいことなんだけど、

今年、イチゴの出来がよくなかったのは、
蜂が我が家の庭に近づかず、
受粉がうまく出来なかったからじゃないかなと思ったりしています。

時々、筆で人工授粉をしていたんだけど、
天然の虫たちが受粉作業をしてくれるのがいいようです。

2時間かかって、一息つくと、
吹く風が実に心地よい、

たいして広くもない庭なんだけど、
後ろを振り返ると、
あっちもずいぶん草が伸びてるよ、

でも、今日はおしまい、

汗もかかずに気持ちのよい風を受けて、
青い空に浮かぶきれいな秋の雲を眺め、

部屋に入ると、
途端にTシャツに汗がにじんできました。

着替えて、冷たい水で顔や手を洗い・・・

ああ、いい季節になったなア

まだ暑い関東・関西・四国・九州も、
もうすぐですよ。

    
posted by GG at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年08月03日

千歳空港に行ってきました


愛知県に住んでいる孫3人、
夏休みをママの実家で過ごすため、
今日、名古屋中部空港から飛んできました。

定刻 15:45着、
年寄りの常で、定刻よりもずいぶん早く空港に着いて、
お土産やさんやら空港の中をブラブラ、

千歳空港は国際線のターミナルビルが出来て、
駐車場などが少し変わったようですね。

「国際線」という表示が、カンケーない人にとっては、
少し邪魔になります。

すんなりと駐車場に入りたいのに、
えっ、どっち? ドッチ?

テキトーに車を停めて、
到着口に行ってみると、
定刻より1分早く到着予定の表示、

しばらくすると、
定刻より1分遅れになって、

しかし、

その時刻になっても、
「只今到着」の表示が出ないんですよ。

その後の時刻に到着予定の便が続々と、
「Just arrived」になるのに、

ウチの孫が乗っている飛行機は、
なかなか到着の表示にならない、

こんなときって、
いろいろ心配するものですよね、

予定より1分早い、
予定より1分遅れ、

なんて、どっちだっていいじゃないですか?!

着陸してから、到着口に顔を見せるまで10分ぐらいかかるんだから、
1分早い、1分遅れた、
なんて、どうでもいいこと、

表示されている時間を10分以上も経過しているのに到着しないほうが、
よっぽど、心配じゃありませんか、

まあ、
そんな心配をよそに、
孫たち、元気に到着しましたよ。

一番大きい孫、小学3年生、
GGにハグを求めてきましたよ、
かわいいね、

小学1年生の女の子、
3歳の男の子、

3人とも1年ぶりなんだけど、
この年頃の1年って、
すごい成長ぶりです。

ジ〜ジ、明日からラジオ体操に行くからね、

ほんの少し、いつもの起床時間、
生活リズムが狂ってしまうけど、
朝早く、孫の手を引いて、
ラジオ体操会場に駆けつける、
なんて幸せなことだよね。

さっきまで、聞き慣れないはしゃぎ声が聞えていたけど、
少し、静かになりました。

どうやら、涼しい北海道で、
遠距離移動の疲れもあって、
熟睡に入ったようです。

お盆休みにパパが迎えに来るまでのほぼ2週間、
戦争です!

しあわせな戦争です。

   
posted by GG at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年07月29日

ヤフーがグーグルの検索システムに乗換


インターネットで何か調べようと思うとき、
お世話になるのが Yahoo とか Google などの検索システム、

数年前までは、
日本では、ほとんどの人がヤフーを使っていたと思うけど、
ジワリジワリとグーグルのシェアが高まっているんですね。

かつて、
パソコンのワープロソフトは、断然「一太郎」という時代が続いたけど、
いつのまにかマイクロソフト「Word」に席巻されてしまいました。

これに似ているのかなと思います。

日本人はどうしても Made in Japan が好きだから、
和製の感じが強い Yahoo が好きなんだけど、

ヤフーがグーグルの検索システムを使うようになると、
検索結果が同じになるということなのでしょうか。

これまでは、
同じ言葉で検索しても、
ヤフーとグーグルではまったく結果が違いました。

GGもいくつかホームページを作っているんだけど、
グーグルだと上の方に表示されるのに、
ヤフーでは、はるか後ろのページにやっと出てくるという始末、

概して、
グーグルとの相性がいいのか、
グーグルでの検索結果が好成績です。

ということは、
GGにとっては、アクセスアップにつながることになるのかな?

なんて、
少しうれしいヤフーの政策転換、

しかし、どんなふうになるのか、
見極めなければいけませんね。

GGなんかはどっちに転んでも、
大きな影響はないけど、

ホームページでメシを食べている人たちは、
さぞかしタイヘンなことでしょうね。

   
posted by GG at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年07月10日

やっと芽が出そうな「ゲゲゲの鬼太郎」


NHK朝の連続テレビ小説、
「ゲゲゲの女房」

全26週のうち、第15週までが終り、
来週12日(月)から第16週が始まります。

これまでは、あまり明るい話題も無く、
貧乏暮らしが続いているんだけど、

NHK朝ドラとしては、
久しぶりに視聴率が少し高いようですね、

「いきものがたり」が歌う主題歌「ありがとう」も大ヒットのようです。

ドキドキ・ハラハラのドラマでもないし、
特別癒されるほどのドラマでもないけど、

しげるの坦々とした生き方、それを支える布美枝
昭和時代の風情、
などが共感を呼ぶのでしょうか。

マンガって、あの時代は貸本用として書かれていたなんて知りませんでした。

紙芝居が廃れ、貸本屋が廃れ、
テレビの時代、
東京オリンピックが終わって、カラーテレビの時代に移り、

いよいよ来週からは、
「墓場鬼太郎」が世に出て、
テレビにも登場する、

長かった下積み生活から、
猛烈のスピードで時代の寵児になる、
これもまたたいへんなことですね。

ドラマはやっと半分が終ったところだから、
まだまだ紆余曲折が待っているのでしょう。

たのしみですね。

杉浦太陽、南明菜、
大杉蓮、風間杜夫、野際陽子、古手川祐子、竹下恵子、松坂慶子・・・

それぞれの味があって、いいですね。

  
posted by GG at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 単なるつぶやき
2010年06月10日

獲れたて生ウニ食べられるかな?


中学校の同窓会に行ってきます。

札幌から数名と函館から数名、
毎年この時期に、気の合う人が集まるミニ同窓会です。

スケジュールが合わなくて、
2年欠席したから、しばらくぶりの参加です。

札幌駅に集合して、
車で、北海道の東海岸、岩内に向かいます。

岩内なんて、ちょっと辺鄙なところに決めたもの、
と思うんだけど、

札幌からも函館からも、ちょうどいい距離なのかな。

それと、

積丹方面は、ウニが解禁になっています。
岩内の旅館、生ウニ食べさせてくれるかな。



明日は泊原発を見学するんだとか、
少し興味があります。

天気が良ければ、
積丹半島を一巡りして帰ってきます。

積丹半島で感じる地球の円さ、
海があくまでも青く、

この先、すごそこが北朝鮮だと思うと、
あまりいい気持ちもしませんが。

札幌はいい天気、
自然の空気を胸いっぱい、吸い込んできます。

  
posted by GG at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年04月27日

年金加入記録が届きました


消えた年金記録とか、
記録が意図的に改ざんされたとか、

年金問題はまだまだ問題が大きいようで、

GGにも何度か、
厚生労働省、社会保険庁からハガキや封書が届いていたけど、
自分には間違いが無いだろうと思っていたら、

今日、
「日本年金機構」から、
「厚生年金加入記録」が届きました。

あっ、そうか、
社会保険庁が廃止されて、日本年金機構になったんだね。

国会でも議論になっていた、
「年金記録」って、これのことだったんだと納得しました。

開いてみると、
これは見やすい、わかりやすい。

年金加入の時から、サラリーマン・リタイヤのときまで、
どこに勤務して、そのときの給料(標準報酬月額)がいくらだったか、

GGの場合は、欠けることなく、みごとに書き出されていました。

年金の支払記録ではあるけれど、
これは、
自分史・自分の生涯そのものですよ。

しばし、
その流れを見て、時間を忘れてしまいました。

GGの保険加入は昭和34年、
そのときの標準報酬月額が、

   なんと、
       12,000円

大卒の初任給が、月給13,800円という歌が流行った時期だから、
こんなものだったんでしょう。

亡くなった母の遺品の中に、
GGの初めての給与の辞令が残っていました。
あのころは、給料まで辞令が出ていたんですね。

   
日給 ¥460 を給する


入社して3ヶ月間は試用期間、その期間は日給・月給でした。
今どきの時給にも満たない日給でしたが、
そのほかの手当てもついて、月12,000円ぐらいだったんですね。

毎年少しずつ昇給があって、
結婚した時は45,000円、

田中角栄の所得倍増論があったり、

オイルショックの頃は、
毎年2万、3万、5万と昇給してびっくりしましたが、
生活はラクにはなりませんでした。

会社の合併があったり、
あちこち転勤したり、
ついには転職、

転職したころは給料もいったん下がったんだけど、
子どもたちも、それぞれ社会人になっていた。

それやこれやが、
この「年金加入記録」を見ていると、思い起こされます。

年金を給料から引かれていた時期は、
けっこうな金額だったし、
若年者が払いたくないという気持ちもわかるんだけど、

年金をもらう年齢になってみると、
こんなありがたいことはない。

もちろん、贅沢はできないけど、
安定収入があるのはありがたい。

でもね、
まだ、支払った保険料を回収できていないから、
せいぜい長生きして、たくさんもらえたらいいな、

と、思っているのですが・・・。

あっ、それから、
今、さかんに「事業仕分け」が行われているんですが、

「年金記録のお知らせ」の経費って、
結局、税金なんだから、
もう少し、粗末なものでもいいんじゃないかなと思いました。

カラーを使い、上質の紙を使い、
とても見やすくていいんだけど、

とにかく、大量の発送になるんだから、
ほんの少しの経費節約が、多額の節約になると思うんですよ。

大量の印刷を超高速のプリンタで処理するには、
これぐらいの上質な用紙が必要で、
これぐらいのところが、結局、経費ミニマムなのかな、
と考えてみたりもするのですが。

とりあえず、GGの記録には間違いがなさそう、
といって、安心ばかりしてもいられない。

この制度が安定的に継続するには、
なんといっても、
日本国が安定して発展しなければならないわけですよ。

年金制度って、それに限った問題じゃないんですよね、

などなど、

あれこれ考えさせてくれる、
年金加入記録でした。

   
posted by GG at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年03月17日

姫路城


愛知県に住んでいる孫たちが、姫路城見物に行ってきたと、写真を送ってきました。

himejijo.jpg

地図で見ると、近いようだけど、
日帰りじゃあ、子どもたちには強行軍、
でも、親たちは満足して帰ってきたようです。

お城って、いいよねえ。


日本のお城って、城址も含めると、2万5000もあるそうですが、
建築当時のまま残っているものは珍しく、

国宝に指定されている4つの城は、
入ってみると、
戦国武将たちの念がこもっているような、
ある種の緊迫感を感じさせます。

国宝に指定されている城は、

 ・世界遺産にもなっている姫路城
 ・彦根城
 ・犬山城
 ・松本城

犬山城と松本城には行ったことがあるんだけど、
姫路城と彦根城は、まだ行っていません。

犬山城も松本城も、
江戸城や大阪城、名古屋城などに比べると、
小さなお城です。

しかし、

観光用に復元されたお城とは違って、
急な階段があったり、
守りのためのさまざまな工夫があったりして、

そこに、ヌッと武将が現れてきそうな不気味さを感じてしまいます。

姫路城は別名白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)、
美しいお城なんですってね、
一度は行ってみたいね。

秀吉が羽柴秀吉の時代に居城としていた時代があり、
その後、トントン拍子に出世したことから、
出世城とも呼ばれているそうです。

戦国時代に、この城をめぐっての大きな戦は無く、
太平洋戦争で爆撃を受けた時も、
天守に落ちた爆弾が不発に終わって、難を免れたんだとか、

何かに守られているのでしょう。


城といえば、サクラ。
弘前城のサクラは聞きしに勝るみごとなサクラでした。

北海道のお城といえば、
函館・五稜郭、
ここの桜もみごとです。

松前城の桜も、種類が多く、見ごたえがあるそうですが、
残念ながら、まだ観たことが無い。


今日の札幌、
朝からかなり冷え込んで、
チラチラ雪が降っています。

それでも、雪は湿り雪、
すぐに融けてしまう雪です。

春がしっかりと近づいてきているようです。

冬ごもりもそろそろ終り、
少し出かけてみたくなりますね。



 
posted by GG at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年03月15日

NHKウェルかめ、最終週


NHK朝の連続テレビ小説“ウェルかめ”、
今週が最終週なんですね。

もう半年経つんですね、早いねえ。

始まったころはグイグイ引きつけるような面白さも無くて、
静かに、静かにストーリーが展開してゆく、

しかし、

NHKの朝ドラは、日常生活のリズムに取り込まれた日課だから、
いつもこの時間にはテレビの前にいるわけですよ。

最終週の副題は「浜にあがった、はじめの一歩」

ウミガメが浜に上がり、
波美や勝乃新、それに大学のウミガメロボット研究者たちがその姿に感動。

ゾメキ出版の面々が集まり、再興を熱く語る。

浜本家の面々、街の人たち、
それぞれが、強い絆でますます結びつく・・・。

ハッピーエンドですね。

ところで、

漁師の一平と、女医の果歩との恋はどんな決着になるのでしょうか。

果歩役の岩佐真悠子、
申しわけないけど、GGは知らない女優さん、
調べてみたら、すでに、ずいぶん活躍している女優さんなんですね。

気が強そうな才女役をみごとに演じていました。
今後の活躍、テレビへの露出度が多くなるのでしょうね。


4月から始まるのは「ゲゲゲの女房」、
笑いあり、涙あり・・・を期待させるような。

朝8時からの放送になるようだから、
わずか15分の変更だけど、
日本中の人々の世界習慣を少し変えることになるわけだよね。

  
posted by GG at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年02月09日

冬の京都


先日の寒波で、
京都・金閣寺が雪化粧されていて、

また違った印象でした。

底冷えがすると言われている京都、
京都の冬の観光も風情がありそうですね。

観光客が少ないだろうし、
静寂な寺社仏閣を、
心行くまで、堪能できることでしょう。

GGが京都へ旅行したのは、2004年初秋のこと、

妻の還暦祝いに、
子どもたちが、旅行券を贈ってくれたんですよ。

GGは案内役、
と言っても、京都の地理がわかるわけでもなく、

嵐山がどこにあるのか、
西陣はどっちなのか、
東山三十六峰って、どこだ?

結局、
わかりやすい、銀閣寺や八坂神社、清水寺、・・・
とにかく、歩きましたよ。

京都に限らず、関西はどこへ行っても、秀吉、信長、家康の名前にぶつかることが多く、
ロマンを感じます。



屯田兵や箱館(五稜郭)戦争ぐらいしか歴史に出てこない北海道人にとっては、ワクワクしてしまいます。


この梵鐘は豊臣家が再建した方広寺大仏殿の吊り鐘、
ここに刻まれた銘文の中に、
  「国家安康」「君臣豊楽」と書かれていて、
家康は「家」と「康」を分断して呪詛の思いを込め、
豊臣家が栄えるようにと書いていると難癖をつけて、落慶法要を延期させた・・・

こんなことが、ゴロゴロ転がっているのが、
なんとも、たのしいですね。


あの旅行の時は、
近いうちに、また来れたらいいなあと思い、

栃木県に住んでいたころだから、
新幹線ですぐにでも行けると思ってもいたんだけど、

あれからもう5年以上、

北海道に引っ込んでしまって、
なかなか、そんな機会もありません。

今度行く時は、しっかり調べて、歴史探訪もいいなあと思っています。


YouTubeの特設サイトに、
京都はんなりプロジェクトが中心となって行う、
「京都観光プロモーション」の一環として、
京都の東山地区と西陣地区の魅力を伝える動画がアップロードされています。(2010年3月末までの期間限定)



有名な観光地ばかりではなく、
西陣織や老舗の店をじっくりと見せてくれます。

こんな動画を観ていると、
また、行ってみたくなりますねえ。

  
posted by GG at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年01月31日

一月終り 二月のたのしみは・・・


2010年、平成22年を迎えたのは、
ついこないだのことと思うのに、
もう一月が終ってしまいます。

2010年の十二分の一が終ってしまいます、
早いねえ。

一月は、
いろいろなことがあったような、
無かったような・・・。

まあ、過ぎたことはどうでもいいというわけはないけど、

二月、

最大のイベントは、
バンクーバー・オリンピック。

我が北海道から、
たくさんの選手が参加しているから、

力いっぱい、応援しますよ。

サッカーも、動きはじめますよ。

天皇杯、高校サッカーが終ってから、
イングランド・プレミアばかり見ていたけど、

外国リーグの試合は、
どっちが勝っても、どうってことはないから、
力が入らないんですよね。

合宿に招集された平山も、
かなりの注目度です、

二月もあっという間に、逃げてしまいそうですね。


  
posted by GG at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年01月29日

施政方針演説


平成21年度補正予算案が可決され、

今日からは、
平成22年度の予算案審議が始まります。

それに先だって、
今日は、政府の施政方針演説がありました。

提案される平成22年度予算を策定するにあたっての考え方を説明したわけですが、

鳩山総理の総合的な方針に続き、
外務・財政・経済と
およそ2時間に及ぶ演説でした。

鳩山政権にとっては、
初めての予算案策定だし、
ずいぶん張り切っていましたが、

自民党をはじめとする野党からは、
お定まり文句のように、
「内容の具体性に欠ける」なんて言うんでしょうね。
口が裂けても「いい演説だった」なんて言わないからね。

現役世代から外れたGGのような高齢者にとって、
すぐに影響を及ぼすような政策はないようだから、聞くともなしに聞いていたというのが実際のところなんだけど、

50分に及ぶ鳩山総理の演説を聞いていて、
政府が解決すべき問題、取り組まなければならない問題、って、ずいぶんたくさんあるんだなあと思いました。

沖縄の基地問題、北朝鮮、年金、医療、少子化、教育・・・・

いつもは、個別の問題で記者会見なんかが行われるけど、
一つの問題に長期間関わっていると、
次から次に問題が発生して、

そこに、自然災害なんかが突発すると、
てんやわんや、

出来ることから、ドンドン解決していかないとたいへんです。

演説した内容、一つ一つを充分理解しているんだろうから、
たいへんな仕事だなあ、と
つくづく思いました。

来年度の予算は、年度前成立を、と言っているから、
およそ3月末ぐらいまで議論が重ねられるのでしょう、

そんなに時間が必要なのかなあ、とも思うんだけど、ねえ。

野党も型どおりの質問ではなくて、

そして、政治とカネの問題なんかは後回しにして、
早く予算を成立させて、
地方も動き出せるようにしてほしいね。

そうはいっても、
政治とカネの問題、
放ってはおけないんだけどさ。

   
posted by GG at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2010年01月13日

葬儀に参列


昨夜はお通夜、
今日は告別式に参列しました。

亡くなったのは、
GGの祖父の兄の子どもの配偶者。

数えてみたら、
4親等ということになるのかな。

『またいとこ』ということになるのでしょうか。

4親等というと、かなり遠い親戚って感じもするんだけど、
なぜか、ずいぶんお世話になったんですよ。

肺気腫・肺炎で満77歳。
ちょっと早すぎるね。

お通夜、告別式ともに、
家族葬的な雰囲気で、
いいお葬式でした。

長い間、警察官として奉職し、
叙勲を受けている人、
さぞかし、格式ばった葬儀になるのかなと思っていたら、

きわめて短い弔文が1本だけ。

孫4人が遺影に一言ずつ呼びかけました。

弔電も、
○○長からや○○議会議員からのものは、最後に読み上げるなど、

家族や近親者の心のこもった弔い、
生前の幸せそうな暮らしぶりを感じさせるものでした。

お通夜の際の僧侶の説教も心に沁みるものでした。
僧侶としては、繰り返し話していることなのでしょうが、

たまに聞く参列者にとっては、

人のに接して、
自分のを考える

いい機会でした。

亡骸はすでに白骨になっていることでしょうが、
生きている我々の心には生き続けて、
きっと、見守ってくれていることでしょう。

   
posted by GG at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年12月31日

2009大晦日 一年を振り返る


大晦日から元日にかけて、
大荒れの天気模様と言われています。

青森方面にいくつか警報が出ているようだし、
テレビのニュースでは関東や西日本にも雪が降っているようです。

札幌の我が家の周辺は、
雪が降ったり、止んだり、
風は吹かず、静かな大晦日です。

ああ、一年が終るなあ、

雪だるま よいお年を!


◆母の死

去年の今ごろは、
92歳の母が入院していて、無事に年を越せるのか、
年賀状を出してもいいのかどうか、と心配していて、
なんとか年を越せるメドが立ち、

1月2日、病院に見舞いに行ったら、
実に元気でした。
人工呼吸器をつけていたから、しゃべることはできないんだけど、
筆談で、あれこれ話しましたよ。

これが最後、
別れてからすぐに、意識混濁、
そのまま、1月7日未明に息を引き取りました。

新年早々のお葬式を無事に済まし、

この1年は、折に触れて、
母の生涯などを偲んだ一年でした。

◆石川啄木

啄木研究と言うにはおこがましいんだけど、
今年も、あれこれと追跡しました。

今年は、函館に行く機会があったので、
ついでに、函館の啄木関連の施設巡りができました。

これで、北海道内の歌碑や啄木ゆかりの地を、
知る限り、すべて踏破しました。

このとき、函館の図書館に立ち寄り、
その賑わいに驚いて、
札幌の図書館を覗き、
以来、啄木関係の書籍を借りまくり、むさぼり読んでいます。

これまでは、
啄木の著名な作品だけを読んでいたから、

なんとすばらしい歌や詩を詠んだ天才!
とだけ思っていたのですが、

啄木研究者の伝記や評論を読むと、

なんとまあ、
生活者としての啄木には幻滅しますね、

しかし、

悲惨な生活があったからこそ、
にじみ出る魂の言葉が人の心をゆさぶるのでしょう、

知れば知るほど、
幻滅するような啄木の生活だったけど、

作品の価値を落とすことはありません。

◆健康

68歳の誕生日を迎え、
『高齢者』としては、やっぱり
健康が気になります。

もう少し、体重を絞りたいと思うんだけど、

ウォーキングもさぼり気味、
食事はおいしい、

一日中、パソコンや机に向かっている時間が長かった。

まあしかし、
病院に罹るほどのことはなかったし、
薬を服むこともなかったし、

毎日毎日、ほとんど変わらない生活をさせてもらったのは、
ありがたいことですよね。


世の中、
政権交代で、『新』しくなっているんだけど、
取り敢えず、自分には大きな影響もなし。


こうしてみると、

母の死以外は、
可も無く、不可も無く、
おだやかな2009年でした。

2010年は変化の多い年になるのかな。


みなさん、
どうぞよいお年をお迎えください。


   
posted by GG at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年12月29日

同姓同名の知人


同姓同名の人って、
世の中にはたくさんいますよね。

特に、GGは
ありふれた姓だし、

名前も、
戦時ムードの中ではありがちな名前だから、

電話帳を見ても、たくさん並んでいます。

有名人にも同姓同名の人がたくさんいます。

インターネットで検索してみると、
芸能人はいないんだけど、
音楽家や学者など、素晴らしい業績を残している方がいます。

へーえ、
こんな同姓同名の人がいるんだ、
足元にも及ばないGGだよな、

と思っていたら、

昨年の暮れ、
気になっていた、その中の一人からメールが届きました。

GGが運営しているホームページを見てメールをくれたのです。

GGのホームページには実名を書いていないので、
メールをくれた方は、同姓同名だなんて思ってもいなかったわけですが、

GGは、
思いがけない接触だったから、
喜んで、同姓同名であることを明かして返事を出しました。

何度かメールをやりとりしたら、
年齢も同じ、
育った境遇も似ているところがあったり・・・。

著書を何冊か出している人だったので、
図書館から借りてきた本を、つい先程まで読んでいて、

その人となりにまた親しみを感じていたところ、

郵便が届きました。
なんと、その方から、
年末のあいさつとともに、
とても貴重な資料を送ってきてくれたのです。


どうってことはない、
単に同姓同名というだけで、
まったく別の人格なんだけど、

うれしい便り、

実はまだ会ったことがないんですよ。
本を読んでいると、
ずいぶん昔からの知人のような気持ちになってしまうのです。

GGと同じ名前の人が活躍していることで、
GGもパワーをもらい、
前を向いて進めそうな気分になります。
  
  
posted by GG at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年12月25日

ブログデザインを変えてみました


これまで使っていたブログのデザイン、

そろそろ飽きてきたし、

何よりも、
文字が小さくて、
目を細める癖がついてきて、

もっとラクに読めるほうがいいかなと思い、

久しぶりにデザインを変更しました。


世の中には、いくつぐらいのブログがあるのでしょうか?
数千万個?

いろんなブログを見ていると、
テーマが検索したテーマであっても、

開いてみると、細かい文字でぎっしり書いてあって、
書いた人は渾身の記事で、
満足しているんだろうけど、

とても、
読む気にはなれないというのがあります。

その点、
一見して、若い女性のブログかな?
と想像させる、明るくさわやかなブログもあります。

たいしたことは書いていないのに、
ついつい、
写真や
リズムの良い文章を追いかけてしまいます。

GGらしいデザインを、と考えると、
あまりピンクムードにはできないし、
ちょっと、シンプルすぎるかなと思うけど、
今回は、こんなところにしておきます。

CSSやhtmlの知識が豊富なわけでもないから、
おそるおそる、
試行錯誤の結果です。

  
posted by GG at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年12月20日

登別温泉に一泊しました


ことし、2009年1月に亡くなった母の一周忌法要をしました。

お墓があるお寺に行って、
和尚さんにお経をあげてもらいました。

ごく近い身内だけだったので、普段着のままでしたが、
母には気持ちが通じていることでしょう。



札幌から、お墓がある苫小牧まで、
今年初の本格的な雪が活きが積もった道路を走ります。

幸い、当日は雪が降らず、空は晴れ上がっています。

ウトナイ湖に新設された「道の駅ウトナイ湖」に立ち寄ってみました。

道の駅 ウトナイ湖 真上に飛行機が着陸態勢

ちょうど千歳空港への着陸航路に真下になっていて、ひっきりなしに飛行機が飛んできます。

道の駅の売店にはこの地方特産の野菜やハスカップ製品が並んでいました。
パン屋、レストランもあって、利用しやすそうな道の駅でした。

道の駅の裏手は、すぐにウトナイ湖が拡がっていて、
凍結した湖では、
ハクチョウやカモなどがウヨウヨと遊んでいました。

ウトナイ湖のハクチョウ カモ 渡り鳥

一周忌の法要を済ませて、
一行で登別温泉に行きました。

第一滝本館、
クリスマスツリーが迎えてくれました。

登別温泉 第一滝本館のクリスマスツリー

夜も翌朝も、バイキング、
よく食べました。

カニ、白老牛のステーキ、
おいしい焼きたてのパン、・・・・。

法要のあとの会食って、
帰りを考えると、
ゆっくりお酒も飲めないし、
まして、車を運転するなら、酒はご法度。

この方式、いいよね。
贅沢を言わなければ、格安なプランもあります。

亡くなった母が大好きだった温泉、
それを偲ぶよりも、
食べて、温泉に入ることに没頭した法事でした。




posted by GG at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年11月27日

書道展を見てきました


知人が読売書法展に出品し、上位入賞したとのこと、
入場券をもらったので、行ってみました。

会場は札幌パークホテル。

中島公園は、雪は無いものの、すっかり冬のたたずまいでした。
小雨に濡れた落ち葉が侘しさをいっそう掻き立てます。

書道展の北海道展は今日が初日、
けっこうな賑わいでした。

読売書法展北海道展

どの作品もすばらしいですね。
特に上位入賞の作品の前に立っていると、何か訴えるようなものを感じます。

知人の書もありました。
大作です。
作品として仕上げるまでにおそらく何十枚も書いたでしょうから、
たいへんなエネルギーが必要です。

GGも少しは心得があるんだけど、
中腰で長時間緊張を保ちながら書くのはたいへんなんですよ。

書道ってあまりお金がかからないと一般に思われているんだけど、
これがけっこうお金もかかるんです。

いい紙、いい筆、いい墨。
弘法は筆を選ばず、と言われているけど、ホントは弘法ほど筆を選んだ人はいないとか。
いい筆で書いた字は、やっぱりいいんだよね。

だけど、いい趣味だよね。
趣味と言ったら失礼かな?

中島公園からすすきのまでゆっくり歩いて、
何十年振りかで「らーめん横丁」に行ってみました。

昔のままでしたね。
「ひぐま」で味噌ラーメンを食べました。
これぞまさしく札幌ラーメン!
近ごろはさまざまな工夫をしたラーメンがあるんだけど、
正統ラーメンはやっぱりおいしかった。

すすきのから大通公園に向かって行くと、
某安売りスーパーが目に入ったので覗いてみると、
ちょっとGGには向かないね、
商品が所狭しと乱雑に並べられ、
赤い値札がベタベタと貼られ、
ボリュームの大きいBGMがうるさい、

客のテンションを高めて買って貰おうという魂胆、
安いものもあるけど、
落ち着いてよく見ると、必ずしも安いものばかりではない。

こんなところに生鮮食品まで置いている、
ちょっと買おうという気持ちにはなりませんでした。


大通公園はうら寂しい感じ、
人も少なく、立木は葉がすっかり落ちて寂しい風景です。

今夜からイルミネーションが灯るようです。

2009年秋 札幌大通公園

日ハムのパリーグ優勝パレードの紙吹雪が何枚か落ちていました。


旧たくぎん本店の跡に建設中の北洋銀行ビルの威容が姿を現してきました。

北洋銀行本店ビル

先日建設中のビルから転落死する事故があったようですが、
完成までには、もうしばらく時間がかかるようです。


札幌の街に出かけたのは、久しぶりです。
たまにはいいもんですね。

  
posted by GG at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき
2009年11月09日

朝型人間 夜型人間


朝、温かい布団からなかなか出にくい季節になってきました。

我が家では、暖房を入れる目安が朝の室温15℃、
15℃でパジャマを脱いで着替えるのは、正直、かなりの寒さです。

夏は、カーテンの隙間から強い陽射しが照りつけて、
6時でも5時でも、寝ている気分にならず、床から飛び出してしまいます。

冬はそうはいきませんね。
目が覚めても、
グズグズとしているうちにまた眠ってしまったり・・・

朝7時半からNHK BSハイビジョンの連続テレビ小説「ウエルかめ」を観ることにしているから、それが最終時限。

サラリーマンのころは、
もちろん仕事が第一優先だから、
会社の始業時間に合わせた生活、
誰よりも早く出勤するのが美徳とばかりに、一日をスタートしていたけど、

今は、毎日が日曜日。

起きようと寝ていようと、かなり自由なんだけど、
イチローが「毎日同じことをする」のがいい、と言っていましたよね、
なるべく、毎日同じような時間割にしています。

その基準がNHKの「ウエルかめ」

そうそう、
サラリーマンの時代、
休みの日は、決まって朝早く目が覚めます。

休みの日にはやりたいことがたくさんあって、
早起きして、一日中眠くてもどうってことはない、と思っていたから、
休みの日には寝溜めなんてことはちっとも考えませんでした。


夕食後、パソコンに向かうと、
「今日は早く寝よう」と思う日があります。

でもね、

興が乗ってきて、気がつくと、時計は12時近くになってしまいます。
「午前様」にはなりたくないから、あわててやめてしまうんだけど、
ちっとも眠くなっていないんですよ。

そんな感じだから、
GGは「夜型」なのかなと思います。

受験勉強なんかは、「朝」のほうが効率がいい、なんて言われるけど、
必ずしもそうとも言えないようです。

人それぞれに生活パターンがあるから、
好むと好まざるとにかかわらず、
コアになる部分に合わせた無理のないパターンになりますよね。




  
posted by GG at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 単なるつぶやき







Blog検索